タートルズ大全 日本出版:小学館集英社プロダクション

タートルズ大全
自費出版から始まり、アニメ・玩具・実写映画・ミュージカル・テレビドラマ・CG映画などあらゆる媒体で活躍の場を広げるティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ。タートルズ大全はそのタートルズの歴史を作品の生みの親ピーター・レアードとケビン・イーストンの2名やその他のアメリカン・コミックアーティストにアニメ関係者などタートルズに関わってきた様々な人のインタビューを許に書かれた歴史本です。ドキュメンタリー映画『タートル・パワー』と似た作りになっていて、前半の記事は映画とほぼ同じ内容です。しかし、映画ではほとんど語られなかったテレビドラマ版・新亀・ミラージュ版以外のタートルズコミック・タートルズフォーエバー・ニック亀・新実写亀の話もされているのでドキュメンタリー映画が面白くて他の媒体のタートルズの話も知りたいという方向け。逆に日本の漫画のファンブック(キャラクターの詳細なプロフィールやエピソードやミニコーナーとかが掲載されている)のような物を求めるタートルズファンにはちょっと物足りないかもしれません(タートルズの人気の陰りや作者達の決別などの大人の事情とか重い話もありますし)
この本ではタートルズの歴史を取り扱うだけあって、日本では中々見るのが難しいコミックの表紙イラストは漫画の1ページが掲載されています。個人的に一番興味を持ったのはイメージコミック版のタートルズコミック。アニメ以降子供向けと言うイメージを持たれていたタートルズのコミカルな印象をひっくり返すような13歳未満お断りのタートルズと称するだけあって、レオナルドが隻腕になったりラファエロが顔に大火傷を負い隻眼になるうえにシュレッダーに成り代わってフット団のボスになる、ドナテロに至っては全身大怪我(というか骨になってた?)の所為で身体が再生するまでサイボーグになる(ミュータントだから身体は再生するみたい)というハードな展開が描かれているそうです。残念ながら当時はアメコミ全体の人気が下火だったこともありそこまで人気は出なかったらしいですが。
この本で書かれた個人的にびっくりの秘密を少しだけピックアップ。
・CG亀は旧実写の4作目だった!?
私や多くのファンはCG亀は新亀の続編又はパラレルワールドと思っていたのですが(日本版CG亀ではタートルズの声優は新亀というのもありましたし)タートルズ大全では
物語は映画1弾目から続く
と、旧実写の続きと解釈できるような文章が書かれていました。でもタートルズの隠れ家は新亀よりだったし(旧実写では2から廃棄された駅と電車を隠れ家にしています)旧実写で登場しなかったカライがCG亀では何の説明もなく登場しているなど腑に落ちない点があるんですが……(CG亀のタートルズとカライは初対面みたいな感じだったのでカライ登場自体は大きな矛盾はないんですが、旧実写にはシュレッダーの腹心ポジションが他にいたのにそのキャラは未登場です)
ちなみにCG亀はシュレッダーの帰還の話を描いた続編も構想されていてカライのラストの台詞もその伏線だったと書かれています。
・タートルズの歴史はフォーエバーで幕引きする予定だった。
タートルズ・フォーエバーは新亀の完結編ですが、実はフォーエバーでタートルズシリーズ自体を終了させる予定だったそうです。だから旧亀やプライム亀だけでなく1シーンですが映画やドラマ(日本のOVAさえも)のタートルズも集結させたのです。その後ニコロデオンがタートルズの権利を買い取って新たにアニメや漫画を展開させなければタートルズは過去の作品となっていたのかもしれません。
***
ファンにとってはタートルズのイラストやコミックにグッズなど多くの資料が掲載され、更に裏話も満載なこの本。しかし、欲を言えばタートルズのキャラクターについてもっと掘り下げた話も読みたかったです。
例えば
・歴代タートルズのプロフィール
旧亀や新亀にはキャラクターのプロフィールが結構詳しく設定されているのですが、現在それを見る術は昔からのファンがネットにあげた情報など限られているのでプロフィールやキャラクター情報をまとめた記事とかあったら嬉しかったです。
・ファンが選んだエピソード紹介
タートルズの物語は膨大でその話によって主役となるキャラが違います。なのでレオナルドファンが選んだベストレオナルドエピソードはこれ! ラファエロファンが選んだラファエロの印象的なエピソードとかのファン参加型の企画とかあったら面白かったかも。
・アーティスト・監督・ライター・俳優陣が語るタートルズ
漫画やアニメなど様々な媒体で活躍するタートルズですが、媒体によっては微妙にキャラの性格や設定が異なっていたり、中には作品を見るだけではキャラクターの内面を捉えるのは難しいものもあります。そこでタートルズに関わったスタッフやキャストに「あのキャラはこういう風に描写した」「自分はあのキャラをこういう風に演じた」というインタビュー記事があったらキャラクターの内面が分かるきっかけになったかもしれないので欲しかった。
***
日本版のタートルズ大全では本の値段を下げる為に本国で付いていたいくつかの付録が削除されて出版されています。もし付録がどうしても欲しい方は英語版を買った方が良いと思います。