Mr.FULLSWING  作者・鈴木信也  掲載紙・週刊少年ジャンプ

ミスフル1巻

 

――20年後
止まっていた歯車はくしくも同時刻3時3分一人の男によって
再び動き出す――

 
産まれてからずっと好きになった女の子はスポーツ少年に取られていた猿野天国(さるのあまくに)
その私怨もあってスポーツを嫌悪していたが、友人の沢松健吾(さわまつ けんご)に部活をやっている男はモテるというアドバイスを受け嫌々ながらもウェイトリフティング部の見学をし、そこで野球部マネージャーの鳥居凪(とりい なぎ)と出会い彼女に一目惚れをする。鳥居に近づきたいがために自分が野球少年だと嘘をついた猿野は彼女と付き合いたい一心で全くの野球初心者にも関わらず野球部入部を決意する。
野球漫画なのかギャグ漫画なのか少し判断に困る『Mr.FULLSWING』を今回紹介します。
ミスフルは言うなればストーリー性のあるギャグ満載の野球漫画? でしょうか? 主人公の猿野のハチャメチャな行動に周囲が突っ込むギャグが目立ちますが、意外とシリアスな展開や熱いシーンなどがあって特に後半ではギャグが抑えめになっていきます。個人的にはミスフルはギャグを楽しみに読んでたから後半のシリアス展開には思うところがあったなぁ。
ジャンプ漫画やアニメなどのパロネタが多くてパロネタは元ネタを知らないとよく分からないかもしれませんが、パロネタ以外にも猿野のハチャメチャなギャグも豊富なのでパロを良く知らなくても笑えます。
野球描写についてはリアリティよりも漫画的なインパクトやキャラの個性を引き出す事を重視したスタイルで、ライバル校の中には軍隊のようなチームがいたり、選手皆芸能人のアイドルグループが出てきたり、非常に多種多彩のキャラが登場します。中にはイケメンキャラもいるのでそこにも注目(笑)
文庫版には帰ってきたMr.FULLSWINGというタイトルで書き下ろしのショート漫画が掲載されています。ただし、後々出てくるキャラが出る前に登場するネタばれがあるので注意です。まぁ、別に出てもストーリーのネタばれは何もしないのでそこまで警戒する必要はありませんが(笑)