MOTHER2  開発:APE HAL研究所  販売:任天堂

MOTHER2
大人も子供もおねーさんも。
あらすじ
199X年、イーグルランドという国では人間や動物が暴れて襲ってきたり、死体がゾンビになって蘇ったり不可思議な出来事が相次いでいた。
ある日、オネットという田舎町。夜遅く、自分のベッドで眠りに就いていたネスは轟音で目が覚める。外に出て様子を確かめると警察が道路を封鎖していた。聞けば隕石が落ちたらしい。隕石を見ようにも警察が道路を封鎖しているので見に行くことはできない。隣人のポーキー・ミンチが警察に食って掛かるが相手にされない。
仕方なく家に戻り再び眠りに就いたネスだったが、今度は乱暴なノックの音で目が覚める。ノックの音の主はポーキ―でどうやら隕石が落ちた場所付近で弟のピーキーを置いてきてしまったらしい。ポーキ―の強引な頼みでピーキーを迎えに行ったネス達。警察はすでにいなくなっており、隕石の近くにピーキーはいた。そこでネスはカブトムシのような生命体に遭遇。ブンブーンと名乗った生命体は自分は10年後の未来からやって来た、10年後の未来はギーグという宇宙人に侵略されてしまった、地球の危機を救う為には言い伝えによると3人の少年と1人の少女の力が必要、そしてその1人はネスである事を告げる。
ブンブーンを連れてポーキーの家に向かうネス達であったがその途中、スターマンという宇宙人が現れてネス達を襲ってきた。ブンブーンの助けでスターマンを退けたもののブンブーンはポーキーの母親の手によってあっさりと殺されてしまう。死の間際、ブンブーンは最後の力を振り絞ってネスにある事を教える。
世界には8つの『ネスだけのばしょ』が存在し、その場所を巡って地球の力とネスの力を1つにしなければギーグに勝てないと。そしてネスだけの場所にはそれぞれメロディがありそのメロディを記録する『おとのいし』をネスに渡すとブンブーンは役目を果たしたかのように永遠の眠りに就いた。
自宅に戻り、家族からの後押しと応援を受けてネスは冒険の旅に出る。自宅を出た瞬間夜明けが訪れた。ネスの長い旅の始まりの合図かのように。
***
『MOTHERシリーズ』2作目です。『大乱闘スマッシュブラザーズ』で隠しキャラとしてネスが登場した事もあり、このゲームの存在や主人公の名前を知っている方は多いんじゃないでしょうか?
***
ネスと仲間達
ネス
このゲームの主人公でPSIという超能力を使える少年。友達も多く、オネットでは友人と作った秘密基地がある。無口な性格の無個性主人公だが、作中では突如現れた謎の写真家からいきなりカメラを向けられても平然と笑顔でピースをしたり看板の文字を読むときはいちいち「チェック」と言いながら読むなど楽天家でユーモアのある面を見せる。
たまに『ホームシック』にかかる。ホームシックにかかると戦いに身が入らなくなり、母親に会うか電話をかけて回復させよう。
ネスだけが使える『PK○○』の○○はゲーム開始前に決めた『カッコいいもの』が入り、プレイヤーの中には変な言葉を入れてしまってPK○○を覚えた時にその言葉が出てきて失敗したプレイヤーも。
前作では父がセーブと経験値を教えて主人公をサポートしていましたが、本作では父の他にも母と電話をする事で旅の寂しさを癒し、妹はアルバイトでネスの荷物の整理をしてくれると今作では家族みんなでネスの冒険をサポートしてくれます。
なお、ポーキーの家に借金をしているようですが、その割にはネスの家は金銭的に困っている訳ではなく(妹のトレーシーのアルバイトもあくまでネスの冒険の手助けで家計を助けるとかではない)ポーキーの両親がかってに言っているだけという説も。
ポーラ
ネスの最初の仲間でネスを超えるPSIの力を持つ。この力の為超能力少女としてちょっとした有名人。ネスに好意を抱いており、ジェフから「(ネスとポーラが)将来もし結婚するなら……」と言っている事から仲睦まじい様子。
『いのる』という専用スキルがある。これが重要な役割を果たすことになる。
ジェフ
ウィンターズという遠く離れた場所からポーラのテレパシーを受けてネス達を助けに来た学生。アンドーナツ博士という天才発明家を父に持ち自身もまた優れた頭脳を持つが父親との関係はうまくいっていないみたいだ。
『チェック』という敵のパラメータや持ち物を暴く専用スキルがあり、またこわれたきかいを夜なべして直してくれる。
プー
ネス達の最後の仲間でランマという国の王子。端正な容姿で国中の女の子の憧れの的。彼が行った『ムの修行』はプレイヤーによってはトラウマもの。
異国出身の為かネス達の食べ物が受け付けず、水やランマの国の食べ物でないと回復率が悪い。また、おうけシリーズという武器・防具があるがこれを揃えるのは至難の業(おうけのけんは期間限定で戦える敵が落とす武器だがその武器を落とす確率が異常に低い)
『へんしん』という敵の姿に返信して敵の技を使う専用スキルがある
***