X  作者:CLAMP  掲載誌:月刊ASUKA

X CLAMP
あらすじ
母の遺言に従い、6年ぶりに東京の地を踏んだ司狼神威。彼の帰京をきっかけに、数奇な運命の輪が回り始めた。周囲にうごめく不穏な影は敵なのか? 味方なのか? 幼なじみの小鳥や封真を巻き込み、世界は終末へと動きだす。(公式の紹介より)
***
今回紹介するのは『X』人類存続させる為に戦い天の龍と人類を滅ぼし地球に自然を取り戻そうとする地の龍の戦いを描いた作品で、主人公の司狼神威(しろう かむい)は親友の桃生封真(ものう ふうま)と封真の妹の桃生小鳥(ものう ことり)を守る為に天の龍に付きましたが、その為に封真が地の龍の神威として目覚め、封真は妹を殺害、神威は大事な人を失い更には大事な人と戦う事を宿命づけられたのです。
初期のCLAMPのシリアス作品はグロテスク描写とハードな展開が多かったですが、本作も例外ではなく、裂けた肉体から臓器が出てくるといったグロくえげつないシーンが描かれています。
アニメ化・映画化も果たした本作ですが、現実で猟奇的な事件が相次いで起こったために原作は休載となってしまい今でも再開の目処はたっていません。CLAMP先生は結末を描きたいとインタビューで語っているので、もしかしたらいつか連載再開するかもしれません。
TVアニメ・映画はそれぞれ違った結末になっていますが物語としては完結しているので今からこの作品に手を出すならメディア作品の方が良いかもしれません。