魔法騎士レイアース  作者:CLAMP  掲載誌:なかよし

魔法騎士レイアース
あらすじ
1993年、東京タワーでの社会見学中、中学2年生の3人の少女獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風は偶然出会った。窓の外、眩い光の中に浮かび上がる謎の少女の幻影を見た3人は、その直後異世界「セフィーロ」に召喚される。そこで出会った導師クレフの導きを受けて、3人は魔法騎士(マジックナイト)としてセフィーロを救う旅に出ることに。
神官ザガートがセフィーロの要である“柱”のエメロード姫を捕らえたため、セフィーロは魔物の跋扈する危険な世界に変わり果てていたのだ。ザガートを倒し、エメロードを救いだすためには、魔法騎士が伝説の鉱物・エスクードで出来た武器を手に入れ、各地の神殿に眠る魔神を蘇らせる必要があるという。クレフの指示で最初の協力者である創師プレセアと出会い、謎の生き物モコナを道案内に沈黙の森を抜ける3人は、森の中で剣士フェリオと出会った。フェリオの助力を受けつつ森を抜けた3人は、その先にある伝説の泉・エテルナでの試練を乗り越えて武器を手に入れ、モコナの案内に従って今度は魔神が眠る神殿を目指す。
各所に立ちはだかるザガートの手下を退けながら、数々の困難を乗り越えることで武器と防具を成長させ、ついに魔神を手に入れた3人の魔法騎士。
しかし、彼女らがザガートを倒した時、エメロードは豹変した。彼女はザガートを愛したがゆえに“柱”としての責務よりも一人の女であることを選び、3人を攻撃する。しかし、わずかに残っていた“柱”としての彼女は自身の死を願い、魔法騎士の真実を3人に告げる。それを受けた3人は魔神を合体させ、悲しい願いを叶えたのだった。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『魔法騎士レイアース』です。東京に訪れた3人の少女達が剣と魔法の世界に召喚されて戦いの旅に出るもその戦いの果てに待っていたものは……。
本作は2章仕立てとなっていて、1はセフィーロは救われたもののエメロードは死亡する悲しい結末で2は最終的に再び悲劇が生まれないように柱制度を無くして新しい国が生まれ、その国の名前は読者の手にゆだねられるという結末になっています。
本作は少女漫画には珍しく(というか本作だけ?)主人公達がロボットに搭乗して戦います。これはCLAMP先生達が少女漫画でロボットものは見ないから自分達で描いてしまおうと考えて実行したからだとか。