黒子のバスケ  作者・藤巻忠俊 掲載紙・週刊少年ジャンプ

僕は影だ

黒子のバスケ1巻

 

 

バスケットボール部で強豪校・帝光中学校10年に1人の天才が5人も揃いぶみ全中3連覇という偉業を成し遂げた『キセキの世代』と呼ばれる天才たちの中で黒子は持ち前の影の薄さで幻の六人目(シックスマン)として密かに活躍していましたが、ある出来ごとをきっかけに黒子とキセキの世代は決別。黒子が進学先の誠凛高校で出会った火神大我の影としてキセキの世代を倒し日本一を目指します。

主人公と言えば、存在感があるものだと思いませんか? 特にジャンプ作品だと『ONEPIECE』の主人公のルフィや『NARUTO』の主人公のナルトは存在感が大きいですよね。
でもこの漫画の主人公黒子テツヤは何と目の前にいても気付かれない程存在感がないというこれまでの主人公像を大きく変える主人公なのです。
始め読んだ時は何て斬新な設定だと思いましたね。そして話を読み進めていくにつれて黒子の無表情さの裏に隠れたバスケに対する熱い想いがギャップを感じていて、それがギャップを感じてポイント高いですね。

相棒の火神やキセキの世代も個性的で、特に一度道を別れたキセキの世代と黒子がバスケを通して和解したり成長したりするのがドラマチックで、こういうバスケの熱さだけでなく人間関係を描いた事が人気の秘密ではないでしょうか?
女の子にモテモテで一度見た技を完璧にコピーする海常高校の黄瀬涼太。その圧倒的才能の前に当初は傲慢な態度をとることもありましたが、誠凛との敗北と主将の笠松 幸男の咤を受けて徐々にバスケに対して真摯に向き合うようになります。同じキセキの世代の青峰大輝のプレイを見た事がきっかけでバスケを始めていて、その為青峰に憧れを抱いていますがIHで対戦した際にそれまでの憧れを捨てるシーンが個人的に印象的ですね。

『人事を尽くして天命を待つ』が座右の銘で、朝のニュース番組おは朝のラッキーアイテムを肌身離さず持つ・試合外でもテーピングで指を保護するなど座右の銘の通り、常に自分の実力を最大限生かす為の努力は欠かさない真面目な性格の秀徳高校の緑間真太郎。彼の武器はなんといってもどこから放ってもゴールさせられる3Pシューター。これ本当にすごくて、以前テレビでプロのバスケプレイヤーがキセキの世代の技を再現するという企画がありましたが、緑間の3Pシュートはかなり再現をするのは難しかったそうです。
他者を寄せ付けない性格をしていますが、チームメイトの高尾和成と次第に息の合ったコンビネーションプレイを見せるようになり、黒子と火神の関係をなぞらえ『秀徳の光と影』と称されます。

中学時代の黒子の相棒であり、変幻自在のプレイスタイルを持つ桐皇学園高校の青峰大輝。かつては誰よりもバスケにひたむきに打ちこんで練習も欠かさなかったが、キセキの世代の中でもひときわ才能に目覚めるのが早く、その所為で相手選手が戦意喪失したりして本気で戦う相手がいなくなったことから、練習にも参加せずバスケへの情熱を無くしていた。
黒子にとってはかつての相棒という事もあり、非常に気にかけている存在で、火神にとってはライバル的存在として作中でもかなり重要な位置にいます。

2m越えの脅威の長身と優れた反射神経を持つ陽泉高校の紫原敦。負けず嫌い故に練習には人一倍取り組んでいましたが、その恵まれた体格と才能の為にバスケを欠陥競技と称します。しかし、内心では自分でも気付かないバスケへの情熱を秘めていて、敗北に悔し涙を流す姿は紫原がバスケを好きだと言う何よりの証拠だと思います。

優れたゲームメイク能力を持ち、キセキの世代を統べていた洛山高校の赤司征十郎。初期設定では黒子と兄弟という設定があった為、髪型や背丈など全体的に黒子と似ています。
元々は穏やかな性格なのですが、父の厳格な教育と才能に目覚め他のキセキの世代のメンバーに置いていかれる恐怖心から新たな人格を作りだし、自分の意に反するものには情け容赦ない性格になってしまったのです。本作の最後に戦うキセキの世代で、彼との対戦の結末は是非読んで確かめてください。
この他にも様々なキャラクターが登場し、熱いドラマが繰り広げられます。バスケに興味のない人も是非読んでみてください。