CHUCK/チャック

チャック
あらすじ
どこにでもいる普通のオタク青年、チャックはある日、旧友のブライスから送られてきたEメールを見る。すると、チャックはその場で失神してしまう。実はブライスはCIAのスパイであり、国家機密のデータを全て盗み逃走、拘束される寸前にチャックにメールにして送ったのだ。それを見たチャックは国家機密のデータ全てを脳にダウンロードしてしまい、更にそのメールが入ったパソコンは、CIAが放った追手のサラに破壊されてしまったため、国家機密はチャックの脳の中にあるのみとなってしまった。さらに、CIAとは異なる思惑で動くNSA(国家安全保障局)のエージェント、ケイシーも現れ、サラとともにチャックを護衛・監視することになった。チャックはこうして、普段は家電量販店バイモアの店員、時にはスパイとしての、不思議な二重生活を送るハメになるのだった。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは海外ドラマの『チャック』心優しいオタクの青年がかつて自分を嵌めたブライスから世界中の機密データの画像ファイルを送られたのを契機にスパイと家電量販店の二重生活をするアクション有りコメディ有りロマンス有りのエンタメドラマです。
膨大な画像ファイルを一度見ただけで全部頭に入っちゃうなんて中々ファンタジーな設定ですが(一応チャックは世界でもトップクラスの大学・スタンフォード大学に在学していたエリートで頭脳明晰だからそれができたと説明されています)それが許せちゃうというかこういうドラマなんだなと受け入れてしまえるのが海外ドラマのすごいところ。
チャックの仲間というか監視者というか、とにかくチャックと共にアメリカを守るのがCIAのサラ・ウォーカーとNSAのジョン・ケイシー。サラとジョンは違う機関に所属しているので最初は互いに警戒しあいチャックと何を話しているのか詮索しあいます。その度に2人の板挟みにあうチャックがちょっと不憫(笑)