ブラックリスト


あらすじ
国際的な凶悪犯罪に関わり指名手配されていたレッド(レイモンド)・レディントンが、突如FBIに出頭し、自分が関わった凶悪犯罪事件の犯人の”ブラックリスト”の情報に基づき、免責と引き換えに事件解決に協力すると申し出る。自分との連絡担当にはその日配属されたばかりの新米捜査官、リズ(エリザベス)・キーンを指名する。レッドの情報提供に基づく事件解決のため、FBIの特別チームが結成される。リズの出生の秘密にレッドが関わり、またリズの夫のトムが身元を偽っていることが明らかになる。(Wikipediaより)
***
今回紹介するのは『ブラックリスト』です。指名手配犯とFBIという異色のコンビが凶悪犯罪と立ち向かうという一風変わった設定で、1話から非常に謎に満ちています。
主人公のレイモンド(愛称はレッド)は数々の凶悪犯罪を裏で糸を引いていた犯罪者。警察やFBIが血眼になって探しても行方がしれませんでしたが、何故か1話で出頭してきます。そして新人捜査官のエリザベス(愛称はリズ・リジー)をこれまた何故か指定して彼女としか話さないと告げます。長年彼が作ってきたブラックリストから割り出した凶悪犯罪の情報提供と引き換えに免責を求めます。
相棒(と言っていいのか分かりませんが)のリズは過去の出来事からトラウマを持ち人と距離を置いてしまいがちで自分の子供を産むことを拒み養子を貰おうと考えている女性です。しかし、犯罪者の襲撃に遭い夫が重体になり、更に愛する夫が身元を偽っている事を知ってしまいます。
レッドの目的とは? リズの夫の正体は? とにかく目まぐるしく環境が変わる中勇ましく悪と戦いつつも苦悩するリズの姿が痛ましいです。