7de09d736fe807ff56c44065c039dee60000_cover

月刊少女野崎くん  作者・椿いずみ 掲載紙・ガンガンONLINE

その恋は、少女マンガ化されてゆく。

美術部に所属している高校2年生の佐倉千代は、ある日、恋心を抱いている野崎梅太郎に告白をする。
しかし、その告白の言葉が「ファンです!」だった為に野崎からは自分の漫画のファンだと勘違いしてしまった。実は野崎は大人気の少女漫画『恋しよっ』の作者、つまり少女漫画だったのだ。
更にはどういう訳か佐倉は憧れの野崎くんの漫画のアシスタントをすることになって……。
『俺様ティーチャー』などで少女漫画誌で活躍する現役少女漫画家・椿いずみ先生の初4コマ漫画です。ラブコメに見せかけてギャグ漫画。でもラブコメ要素もあるようなないような、そんなラブコメとギャグが曖昧な漫画ですが、とにかくギャグは笑えるしキャラクターは個性的で愛着が湧くおススメの作品です。まずはこの漫画の主要となる7人のキャラクターを紹介しましょう。
野崎梅太郎
主人公の野崎は夢野咲子というペンネームで漫画を連載している高校生。繊細な心理描写と大胆な画面で女の子達から高い支持を受けている。
身長は190cmで中学はバスケ部に所属していて体格もがっしり。とても少女漫画を描いているとは思えません。おまけにデリカシーに欠けて女性に面と向かって下着が透けている事を教えたり(悪気がある訳ではなく彼なりの善意なのでしょうが)仕事の事ばかり考えて突拍子のない行動に出る事もしょっちゅうで周囲の人間がそれに突っ込みを入れる様子は最早お約束。基本はボケポジションですが、本人はいたって真面目にやっているのでそれがまた笑いを誘います。

佐倉千代
ヒロインの佐倉はそんな野崎の事が好きで好きでたまらない少女。野崎の顔はイケメンという訳ではなく、三白眼の平均的な顔という評価なのですが、彼女の手に掛かればそんな野崎の顔も鋭い目つきの男前に早変わり。
基本は突っ込みポジションの常識人ですが、野崎への愛が重すぎて時には野崎の使用済みの品物を収拾するストーカー気質を見せる事も。
145cmという低身長とコロコロ変わる表情がまるで小動物のよう。恋に一生懸命で野崎に何度もアピールして野崎の反応に一喜一憂している様はホントに愛くるしいです。特にアニメでは動きと声優の声が付いた事でさらに可愛さが増しています。

御子柴美琴
野崎のアシスタントの1人で担当は小物と効果。あだ名はみこりん。見た目はイケメンですが、人見知りが激しくてその癖見栄っ張りなので女の子に調子のいい事を言って陰で自分の言動を恥ずかしがり、そんな性格を何とかしようと何故かギャルゲーに手を出したらオタクとなってしまった残念なイケメン。
本人は知らないのですが、実は野崎の漫画の『恋しよっ』のヒロイン・マミコのモデルで、人見知り・見栄っ張り・照れ屋・ツンデレという性格の為か読者からヒロイン扱いされています。まぁ、確かにラノベのヒロインでいそうですよね。

堀政行
野崎のアシスタントの1人で担当は背景。演劇部所属で大道具などの力仕事を行っている所為かパワフル。同じ部で後輩の鹿島に対してはスパルタかつバイオレンスに接しており、部活をサボろうとしたり失言をかます鹿島によく蹴りやプロレス技を決めます。しかし、鹿島の事は嫌いではなくむしろ大好きで、無類の足好きの堀が鹿島に対してだけは顔を高く評価したり、鹿島がいない場所では鹿島の自慢をするなど親バカのような言動が見れます。

若松博隆
野崎のアシスタントの1人で担当は消しゴムかけとトーン貼り。純粋で繊細な性格をしていて、助っ人としてバスケ部に顔を出しラフプレーや傍若無人な態度を取る瀬尾の所為で不眠症になってしまったのに、その瀬尾の歌声を聴くと快眠するという何とも皮肉な体質。瀬尾に苦手意識を抱いていて事あるごとに振り回されているのに、瀬尾が他の男と遊びに行くと言うと面白くなさそうにする場面があり、もしかしてツンデレ?

瀬尾結月
佐倉の友人。声楽部に所属していてその高い歌唱力と天使のような歌声から声楽部のローレライと称されている少女。しかしそんな歌声とは裏腹に性格はがさつで野崎以上にデリカシーのないKY。ローレライという異名も実は歌声の正体を知った生徒がショックを受け夢が破れる様を表したというオチ。
若松の事を可愛がっていて、普段は誰に何を言われても気にしない彼女ですが若松にそっけない態度を取られると拗ねて歌いたがらなくなり、逆に若松がローレライの事を褒めると(若松は瀬尾がローレライとは知らない)嬉しそうにします。

鹿島遊
演劇部所属で女の子にモテモテのイケメン系女子。ついたあだ名は学園の王子様。勉強はできて、運動神経抜群。トーク力もありおまけに度胸もある。一見完璧なスペックを持つ彼女ですが、尊敬する先輩の堀に対してはアホの子化してしまい、ひょんな事で堀の鞄から少女漫画を見つけた時は堀にヒロイン願望があると勘違いして劇のヒロインに堀を推薦したり、女物の衣装やアクセサリーをプレゼントして堀から鉄拳を受けています。
堀の事が大好きで、殴る蹴るなどの行為を愛情表現と捉えて喜んでいたり、堀と仲良くしている野崎をライバル視したりするほど。これが少女漫画だったら恋愛に発展しそうですけど、この漫画じゃ発展しないんですよねぇ。
とにかく個性豊かなキャラクター達の織りなすギャグとほのかに香るロマンス? 是非一度読んでみてください。