暗殺教室  作者:松井優征  掲載誌:週刊少年ジャンプ

暗殺教室
あらすじ
ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に防衛省の人間と、人間ではない謎の生物がやって来た。マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。
政府は戸惑いつつも、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬:100億円」のために殺る気を出す。その生物=殺せんせー(ころせんせー)の存在とその目的を把握しているのは日本をはじめ各国の首脳陣といったほんの一部の人間のみで、「殺せんせーの存在や殺せんせーの暗殺に携わっていることを、家族を含めた第三者へ絶対に口外してはならない。口外した場合は“記憶消去処置”を施される」「殺せんせーは、3年E組の生徒に危害を加えてはいけない。ただし、その家族友人は対象外」などの様々な決まりの下に生徒達は殺せんせーを様々な手段で暗殺しようと試みるが、毎回殺せんせーの素早さと先の読めない行動で阻止され、逆に殺せんせーによる手入れを受けることになってしまう。
しかし、いざ授業が始まってみると暗殺者と標的という異常な状況ながら、多くの生徒たちは殺せんせーの指導と手入れによってこの暗殺教室を楽しみ、今までの「学校中から差別された底辺学級」としてではない前向きな学校生活を送るようになっていく。その一方、生徒の他にも殺せんせーを暗殺するため、世界中から暗殺者が送り込まれてくるのだった。
***
今回紹介するのは『暗殺教室』少年誌には似つかわしくない物騒なタイトルとは裏腹に物語は様々な理由で落ちこぼれの身となった3年E組の生徒を、チート級の能力を持ち地球を破壊できるパワーを持ちながら何故か3年E組に自分を殺す術を徹底的に教え学業も熱心に教え、人生に対して諦め気味だった生徒の心を救っていくハートフルな内容です。ちょっと変わった金八先生と言えば分かりやすいでしょうか?
作者の松井先生は自分の連載作品を綺麗に終わらせる事を信条としているだけあって、作中の謎や伏線は綺麗に解消し円満に物語を完結させています。3年E組の生徒達も一人一人に焦点が当たったエピソードが用意されて最終回でそれぞれが立派に巣立っていく姿は、なんか我が子の成長を見守る親のような気持ちになります(笑)