Mr.&Mrs. スミス  監督:ダグ・リーマン  脚本:サイモン・キンバーグ


あらすじ
結婚して”5、6年”たった夫婦が、自分たちの夫婦のあり方を点検してもらおうと、二人でカウンセリングに訪れた。セックスの頻度は10段階評価で何点か、という問いにはぐらかして答える二人。この間の週末は一緒に過ごしましたか、という質問には黙ってしまった。次に二人のであった馴れ初めについて問う。
5、6年前、二人はコロンビアのボゴタで出会った。男はジョン、女はジェーンという名前である。ジョンは建築設計事務所を経営し、ジェニーはコンピュータのサーバーの管理会社を経営しているという。二人はすぐに恋におち、約6週間後には結婚した。
しかし、5、6年たった今、二人の間は空虚で、お互いに隠している事があるのだと説明する。カウンセラーはそんなことはどのカップルにもあることだという。ただジョンとジェーンの場合、実は彼らは暗殺を請け負うプロであり、別々の組織の元で活動していた。二人はお互いにプロの暗殺者であることを知られないようにしていたのである。ジョンは一人で活動し、ジェーンは暗殺チームを率いていた。
ある時二人は、別々にベンジャミン・ダンズの暗殺を依頼される。メキシコとの国境近くで、ジェーンは道に爆弾を仕掛けダンツの到来を待ち受けていた。そこへジョンがバギーでやってくる。ジェーンはそれがジョンだとは知らず、彼の持つ対戦車ロケット砲をみて彼を狙撃。弾は防弾チョッキで止めたが、ジョンもやはりジェーンと知らずに彼女に向けてロケット砲を放った。ジェーンもまた逃げ出すことに成功した。ただ肝心のダンツ暗殺はどちらも果たすことができなかった。
ニューヨークに帰った二人は、それぞれお互いの仕事を邪魔した相手を探し始める。仕事を目撃した相手を48時間以内に抹殺することになっていたのである。 二人はすぐに相手が自分の結婚相手であることを特定した。(Wikipediaより)
***
今回紹介するのは『Mr.&Mrs. スミス』です。あるトラブルをきっかけに出会ったジョン・スミスとジェーン・スミス。あっという間に恋に落ちた2人はスピード結婚するも次第に倦怠期に。ここまでは珍しい話ではありませんが、実は2人は殺し屋でお互い相手の正体を知りませんでした。しかし、ある仕事が原因で2人は真実を知ってしまい殺し合う事に。
あらすじ見ると結構シリアスそうなんですが、殺し屋なのにやたら派手なアクション(人に見られそう)したり妙に笑えるんですよねこの映画。途中の2人のスミスの肉弾戦はすごいです。日本では見られない位お互い容赦なしのバトル。これと緊迫の食事シーンは是非見てください。