放課後さいころ倶楽部  作者:中道佑大  掲載誌:ゲッサン

放課後さいころ倶楽部
あらすじ
人見知りで内向的な性格の高校生・武笠 美姫(たけかさ みき)はクラスにも馴染めずいつも1人でいた。そんなある日、京都に越してきた天真爛漫な少女・高屋敷 綾(たかやしき あや)に出会う。性格の正反対な2人だが『迷子ごっこ』を通して親しくなる。偶然にも高屋敷は武笠の高校の同じクラスに転校してきた。放課後に一緒に遊ぶ約束をする2人だがそこへ生真面目な委員長の大野 翠(おおの みどり)がやってくる。大野の校舎案内で遊ぶ時間を無くした2人だが帰り道で大野が雑居ビルに入る所を目撃する。大野がいかがわしい事をしているのではと思った2人は咄嗟にビルに入るがそこはアナログゲームの専門店で大野はそこでアルバイトをしていた。
ひょうんな事から店のアナログゲームで遊んだことで仲良くなった3人は今日も数多くあるアナログゲームで遊び交流を深めていくのだった。
***
アナログゲームを題材にした日常もの『放課後さいころ倶楽部』の紹介です。最近日本でも知名度を上げている対人ゲーム『人狼ゲーム』やマイナーなアナログゲームまで多種多様なアナログゲームが取り上げられていて、どれも実在のゲームで単行本では話の幕間に題材にしたゲームの紹介がされています。
漫画の主な流れは放課後に3人(話によっては高屋敷に好意を寄せる少年・田上 翔太などの3人にゆかりのある人物も加わります)が集まって、アナログゲーム愛好者でゲーム作家志望の大野がその回のアナログゲームを持ち出してルールやそのゲームの奥深さを説明して3人が遊ぶというシンプルな構成ながら、ゲームを通して人見知りな武笠が友達を作ったり、反発しあう男がゲームを通して友情を築いたりとゲームに勝つことよりも人と人を結びつけるアナログゲームの良さを焦点に描かれています。
読んでいるうちに作中のアナログゲームを実際にやってみたいと思う読者も多いと思いますが、作中でも描かれているように日本ではアナログゲームはTVゲームやスマホアプリの普及に追いやられて中々遊ぶ機会に恵まれませんが、2巻の巻末で中道先生がゲーム会というアナログゲームを楽しむイベントを設けていたりするので、調べてみると近所にアナログゲームをプレイできる場所があるかもしれませんから機会があればアナログゲームを実際に遊んでみるのも楽しそうですよね。