干物妹!うまるちゃん  作者・サンカクヘッド  掲載誌・週刊ヤングジャンプ

 

うまる1
ひもうと【干物妹】
家の中では様々な事を面倒くさがり、
適当に済ませてしまう妹。
「家でのうまるは――だ」
≪類義語≫干物女
東京都八王子郊外。品行方正・文武両道・容姿端麗で学校の人気者、土間埋(どまうまる)にはある秘密があった。
それは外では非の打ちどころのない彼女だったが実はグータラな性格で漫画・アニメ・ゲーム大好きの筋金入りのオタク。おまけに家では外での優等生の面影なく家でゴロゴロする干物妹だったのだ。
そんなうまるにシステムエンジニアとして働く兄、土間太平(どまたいへい)は彼女が社会人として自立できるのか、彼女の将来を心配しているのであった……。
今回紹介するのは干物女ならぬ干物妹としっかり者の兄が主役のギャグマンガ『干物妹!うまるちゃん』1巻を読んだのでその紹介です。
主人公のうまるは外では完璧な妹、家ではグータラで兄にしょっちゅうわがままを言うという2面性を持っています。どういう訳か干物妹モードになると等身が下がり顔つきもデフォルメ化されてしまいます。
兄のタイヘイはうまるとは真逆のしっかり者。家では家事やうまるの面倒に追われ、職場では仕事をしない同僚のフォローなどやや苦労人の気質有り(むしろ彼が完璧すぎて周囲がダメ人間化する。ダメ人間製造機という声も)
本作はそんな凸凹ながらも仲良しの兄妹とうまるやタイヘイの周囲の人間の日常を描いたギャグマンガです。またサブカルチャーのネタやパロディが多いですね。
基本はわがままだけど兄にべったりな妹とそんな妹がなんだかんだで可愛い兄を愛でる漫画なんですが、この兄妹妙に謎が多いんですよね。
まず、物語開始時の1年前から住んでいるアパートはごく普通のアパートですが、タイヘイが高校生の時に住んでいたのは高級そうな住宅でした。そもそも社会人のタイヘイはともかく高校生のうまるは何故両親と一緒に暮らしていないのでしょうか?

ギャグマンガでもシリアスな設定がある作品は多いし、もしかしたら実はけっこう複雑な過去があるのかも?