少女革命ウテナ


***
今年GYAOという動画配信サービスで少女革命ウテナの配信がありました。
私はそれまでウテナを全部見た訳ではなく、この配信でウテナを最初から最後まで見たのでウテナのキャラについて思った事を書いていきます。
***

御影草時
黒薔薇編に登場するデュエリストで生徒たちの心を言葉巧みに誘導してデュエリストとしてウテナに戦わせた張本人。しかし、彼も結局は暁生の手の上で踊らされているにすぎなかったのです。
かつては根室として学園で永遠を手に入れる研究をしていた。しかし、想い人である千唾時子が暁生とキスをしているところを目撃した事で永遠に興味を失い、研究所を放火(本人はそのことを忘れて時子の弟の馬宮が放ったと思い込んでいた)その後何らかの方法で己の時を止めていました(世界の果ての力?)
ウテナとの決闘の後、暁生によって卒業させられて以降は不明。存在そのものが消えたのか若い姿のまま外の世界に放り出されたのか或いは止めた時の分急速に老いて外の世界に放り出されたのか……。
時子への想いは数十年経っても変わらずそれは秘書に時子の髪型を強制させるところからも見られますが(馬宮との怪しい雰囲気もありましたが、結局それは馬宮を時子の代用品として見ていたのかな?)時子と全く似ていないウテナを時子と思い込んだり年を取った時子に気づかなかったり、時子への未練というよりも輝かしい思い出への未練だと私は思いました。
ちなみに黒薔薇編のラストの構想は当初は御影の許に時子が迎えに来るという御影にとって救いのある結末みたいでしたが、最終的には御影にとってより残酷な結末に決まりました。