少女革命ウテナ


***
今年GYAOという動画配信サービスで少女革命ウテナの配信がありました。
私はそれまでウテナを全部見た訳ではなく、この配信でウテナを最初から最後まで見たのでウテナのキャラについて思った事を書いていきます。
***
鳳暁生
姫宮アンシーの実の兄にして本作の黒幕。
かつてはディオスとして世界中の女の子の王子様でしたが、傷つき疲れたディオスを妹のアンシーが封印、その後世界の果てに堕ちる事になりディオスは世界の果て=鳳暁生になってしまったのです。アンシーとディオスは日本人名じゃないから2人は元々異国の人間だったけど鳳学園を手に入れる為に日本人になったのかな?まぁこの作品に国籍なんてどうでもいい概念なのかもしれないけど。
当初は自分の後継者を探す為に決闘をしていたのですが(何のための後継者なんでしょう?後継者の心の剣で薔薇の門を開けようとした?)ウテナの心の剣を見てから計画を変更、魅力的な大人の男を演出してウテナを口説きます(※ウテナは中学生。犯罪)そしてその時の映像をウテナに見せつけると言ったエグイこともやっちゃいます。
女の子を救う王子様だった暁生は今では権力や目的の為なら女性を利用して傷つけることも厭わない。過去の栄光に執着しつつも何故自分が王子様だったかを忘れた暁生はいつまで経っても世界の果てから抜け出せないままなんだろうなぁ。
ただ、過去の栄光とまではいかなくても過去の楽しかった時代を懐かしんであの頃に戻りたいという気持ちは大人になると分かってしまうので暁生がそこまで王子様であった頃に戻りたいと言う気持ちは共感してしまうんですよねぇ。
ちなみに、元々は暁生はウテナを影から見守る爽やかなキャラだったらしいのですが暁生を演じた声優の小杉さんが冬芽役の子安さんに負けないように怪しく演じたのがストーリーにも影響してああいう形になったらしい。後継者云々もストーリーが変更される前の名残だったのかも。
いや、どっちにしろアンシーと怪しげなシーンがあったからまともなキャラではなかったのかもしれないけど。