少女ファイト  作者:日本橋ヨヲコ  掲載誌:イブニング

少女ファイト

 

あいつはね
猫の振りをした虎よ
あらすじ
大好きな姉に付き合う為に始めたバレーボールは、その姉を交通事故で失った時大石 練(おおいし ねり)にとって大きな支えとなっていた。しかし、バレーに熱中するあまり狂犬というあだ名をつけられ小学生のチームメイトから距離を置かれ中学受験の時にチームメイトが大石に嘘を吐いて誰も受験に来なかったことがトラウマになり、中学生の頃には目立たないように意識して補欠として過ごしていた。
しかし、中学3年の時に試合に出る事になった大石はその優れたプレーを見せてしまい、レギュラーでキャプテンの京極 小雪(きょうごく こゆき)は嫉妬のあまり皮肉ってしまう。これにショックを受けた事と試合の怪我の手当てを幼馴染の式島 滋(しきしま しげる)から受けていた際に不純異性交遊と間違えられ大部となってしまう。自暴自棄になった大石の前に姉の元チームメイトで私立黒曜谷高等学校の女子バレー部監督の陣内 笛子(じんない ふえこ)が現れ、バレー部にスカウトされる。
***
今回紹介するのは女子バレー漫画『少女ファイト』です。爽やかなスポーツものというわけではなく、かといってスポ根という熱血ものとは少し違う、日本橋先生独特のタッチと供に独特の熱さと冷たさを併せ持つ漫画です。
スポ根ものというと語弊がある気がするんですが、登場人物の大石練はバレーに対する情熱を通り越した執着心や身長のハンデを補う為にテクニックを磨きつつもリベロ転向を言い渡されたセッターの伊丹 志乃(いたみ しの)の葛藤などスポーツものにある熱はしっかりあります。
更にスポーツ要素と並行して描かれる人間ドラマも濃密で、大石練と式島との関係や大石と小学生時代のチームメイト・唯 隆子(ゆい たかこ)の関係も注目です。
やや重い空気がまじりつつもバレーにひたむきな少女達のドラマとそれに並行して描かれる男女間のドラマ、そして大石のトラウマなど人間ドラマを重視した作品。単行本特典にOADが収録されたりインターネットラジオが放送されたりとメディア展開もされています。そのうちテレビアニメ化する日も近い?