家庭教師ヒットマンREBORN!  作者:天野明  掲載誌:週刊少年ジャンプ

家庭教師ヒットマンリボーン
あらすじ
運動も勉強もダメで何事もすぐに諦めてしまう、うだつの上がらない落ちこぼれの少年・沢田綱吉(通称ダメツナ)の前に家庭教師として現れたのは、ヒットマン(殺し屋)を名乗るリボーンという名の赤ん坊。リボーンの目的はただ一つ、ツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること。9代目から依頼を受けたリボーンは頭を撃たれた者が撃たれた時に後悔したことを死ぬ気でがんばってしまうというボンゴレに伝わる秘弾「死ぬ気弾」を使い、ツナをマフィアのボスに相応しい人間とすべく「教育」を始める。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『家庭教師ヒットマンREBORN!』です。家庭教師と書いて『カテキョー』と呼びます。
当初はツナが周囲の強烈な人間やリボーンに振り回されるギャグ漫画でしたが、次第にバトル漫画へ移行し、話も日常話からマフィア同士の抗争や十年後に舞台が変わるなど変化していきました。
主人公がマフィアの後継者って設定はまだしも、ツナをマフィアにする為に派遣された家庭教師が赤ちゃんって発想が面白かったです。他にも斬新なアイディアがあって、また読み返してみたいなぁ。