娘の家出  作者:志村貴子  掲載誌:ジャンプ改

%e5%a8%98%e3%81%ae%e5%ae%b6%e5%87%ba
あらすじ
1話:まゆこは母の再婚の事実に困惑し離婚して離れて暮らす父の許へ家出する。父は同性愛者で今は若いふくよかな男性の恋人と一緒に暮らしている。まゆこはふくよかな男性が好きで父の恋人に迫るも彼は同性愛者なので相手にされない。
2話:まゆこの父・トシの妹の娘・りえが駆け落ちした。しかし若い2人は強い決意も覚悟もなく駆け落ち先で喧嘩になり、まゆの誘いでトシの家で彼氏と共に夕飯をとることに。
3話:優秀な兄と比べられてきたひめこは夏休みに海の家でバイトをする。バイト先には幼い頃にあそんでいた少女・えみりがいた。美人で親しみやすい彼女に男たちは夢中だった。4話:まゆこの母はお見合いで結婚した。だが、まゆこを設けた後夫から別れを切り出される。両親の援助で生活は困っていなかったが父の恋人と会ってから彼女はパートに出て働くことに。そして職場で今の夫と出会い再婚をする。
5話:太った男性が好きなまゆこの周りにはいつも太った男性がいて、しかしその度に彼女は失恋する。まゆこは友人と高尾山に行くことにしそのための装備を買いに行ったときバイトの青年に一目惚れをする。
6話:まゆこの友人・かなはおじの職場で働く事務員・加賀に迫られ彼が妻子持ちである事を知りながらも肉体関係を持ってしまう。
***
母が再婚する少女・まゆこから始まり視点が変わりながら日常と心理描写を淡々と語る群像劇『娘の家出』を紹介します。元々は読み切りから始まり連載になったという作品です。
大きな転換はドラマチックなシーンはありませんが、一人一人の内面をしっかり描く本作は不思議と読み込んでしまいます。
『青い花』『放浪息子』などで同性愛やトランスジェンダーを描いた志村先生の作品らしく同性愛者が多数登場しています。