名探偵コナン 旋律の楽譜  監督:山本泰一郎  脚本:古内一成

旋律の楽譜
この歌声を、消させはしない。
この指が奏でるのは、真実を導く旋律(しらべ)…
あらすじ
高名な元ピアニストの堂本一揮によって創設された堂本音楽アカデミーである日、練習していた堂本の門下生3名が死傷する爆破事件が起こった。その事件がニュースとして流れる頃、パソコンでそれを読む犯人は不敵な笑みを浮かべ、「すべては、静かなる夜のために…」と呟く。
事件の翌週、園子のコネで堂本音楽ホールの完成記念公演の練習を見学していたコナン一行は、初公演も鑑賞する予定となっていた。そこで、一行は天才ソプラノ歌手・秋庭怜子と出会い、彼女が帝丹小学校OGだったことから、光彦の発案でクラスの合唱のコーチをしてもらうこととなる。別の日、怜子の指導の下で練習に励む最中、怜子の飲み物を勝手に飲んだ元太が苦しみ出すが、幸い命に別状はなく、診察の結果、数日間だけ声を出しづらくなるという症状で済む。また、一行はその帰り道、何者かにダンプカーで襲われるが、何とか難を逃れる。
その翌日、情報交換を行なっていた小五郎と目暮警部たちは、堂本の門下生がさらに2人殺害されたことを知る。また、被害者や容疑者の情報について分析するものの、両者を結び付ける共通点は見付けられずに居た。翌朝、コナンは玲子のもとを訪れ、彼女の趣味である森林浴に同行する。その最中、2人はエアライフルで狙撃され、窮地に陥り、2人は犯人に狙いを定められるが、何故か引き金は引かれなかった。そのため、2人は何とか魔の手を逃れる事が出来たものの、一連の襲撃が命を奪うまでに至らないことにコナンは違和感を覚える。
公演当日、小五郎たちと共にリハーサルを見学していたコナンは阿笠博士らと合流し、公演まで暇をつぶすこととなった。そこで、コナンと怜子はパイプオルガンの違和感に気付き、堂本にそのことを伝えるべくホールの外へ探しに向かうが、何者かに襲われてしまい、2人は意識を失う。公演開始の時刻となって、他の者は2人が居ないことに気付くが、2人を探している余裕はなく、2人は不在のまま幕が上がる。公演が始まり、皆、堂本たちの演奏に聞き入っていた最中、会場の外では次々と爆発が起こり、建物の周囲は火の海に包まれるが、ホール内は完全防音のため、蘭たちも含めて爆発に気付く者は居らず、公演が続けられていた。その頃、コナンと怜子は意識を取り戻し、公衆電話を巧みに使って、佐藤刑事たちと連絡を取ることに成功する。2人は救出に来たヘリに乗って急いでホールへと向かい、何とか館内に入った佐藤と高木は爆弾の捜索を始める。一方コナンは、最後のピースを見付け、犯人と対峙する。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『名探偵コナン 旋律の楽譜』です。レギュラーメンバーではなくゲストキャラの秋庭怜子とコナンに焦点がいった作品です。以前から原作でも匂わせていましたが今作ではコナンが絶対音感持ちである事が明かされました(なのに音痴。最も絶対音感を持つのに音痴という人は実際にいるそうです。なんでも青山先生がコナンが音痴である事を忘れて絶対音感持ちにしてしまったからこうなってしまったのだとか)
***
実際に出来るけど再現は難しい
今作で話題となったシーンがあります。それは色々あって貯水池にボートに乗った状態で流されてしまったコナンと玲子が助けを呼ぶためにプッシュホンの受話器をコナンが蹴ったボールで外して110を声でかけるシーン。一見無理だろうとツッコミたくなるシーンですが公開後に某バラエティー番組で再現を試みた際に(その時は警察ではなく時報)なんと本当にできてしまったみたいです。
ただここで一つ疑問。110をかけるためには正しい音階の音を出さないといけない。絶対音感持ちで声楽のプロの玲子ができるのは分かりますが音痴のコナンがどうやってただしい音を出せたんでしょうか? 正しい音を自由に出せるなら歌歌う時でもできるので音痴にならないはずなのに……(専門家曰くコナンの音痴は正しい音が出せないタイプの音痴なので矛盾がでてしまう……)