名探偵コナン 平線上の陰謀(ストラテジー)  監督:山本泰一郎  脚本:古内一成

平線上の陰謀
忘れはしねぇよ、オマエのことだけは…
オマエを、絶対に守る
あらすじ
15年前、北大西洋の海上で貨物船・第一八代丸が氷山に激突して沈没する事故が発生し、沖田船長と三等航海士の2人が死亡した。そして半月前、八代造船の船舶設計士・八代英人が車を運転中に心臓発作を起こし、車ごと崖下に転落して死亡した。時を越えた2つの事件は、豪華客船の乗員乗客すべてを巻き込む巨大な陰謀の序章だった。
園子の計らいで豪華客船「アフロディーテ号」の処女航海に招待されたコナン達は、大いにクルーズを楽しんでいた。ひょんなことから、船内でかくれんぼをすることになった一行だが、かくれんぼの最中に園子が何者かによって拉致・監禁されてしまう。幸いにも園子はコナンの推理によって無事に助け出されたが、今度は八代造船の社長・八代貴江が何者かに刺殺され、会長の八代延太郎も行方不明になってしまう。目暮警部らが到着して捜査が始まるが、容疑者は乗員乗客を合わせて総勢600名に上り、捜査の難航は必至だった。
一方、佐藤刑事らは八代英人の事故死に不審を抱き、再捜査をしていた。彼女はシートベルトの金具に残っている不審な痕跡に注目する。捜査を続けるコナンたちは、延太郎がマリーナのハッチから海に突き落とされた可能性が高いことを突き止める。それからほどなくして、海上保安庁によって海に漂う延太郎の遺体が発見された。一方で、小五郎はコナンとも警察とも別に独自の捜査を展開していた。事件の真相をつかんだコナンは、ウェルカムパーティーの席で阿笠博士の声を借りて推理ショーを展開し、アリバイトリックを崩して日下ひろなりが犯人である証拠を提示する。だが日下は、機関室に仕掛けておいた爆弾を爆発させ、その混乱に乗じて逃走を図る。コナンと探偵団の追跡により無事に日下は捕まるが、アフロディーテ号では次々と爆発が起こり、船は沈没の危機にさらされ、蘭が船に取り残されてしまう。さらに、事件は解決しているかと思われたが、その裏にはもう1人の犯人による更なる陰謀が隠されていた。アフロディーテ号に残って小五郎はもう1人の犯人である秋吉美波子と対峙し、コナンも秋吉が犯人である事に気付き船に向かう。(ウィキペディアより)
***
タイトルにも書きましたが今作『名探偵コナン 平線上の陰謀』は実質的な主役は毛利小五郎です(コナンの活躍はもちろんちゃんとありますが)コナンのフォローがありながらも単独で真犯人の正体を見抜き追い詰める活躍が描かれる小五郎ファンにとってたまらない作品です。
今作に登場した秋吉 美波子(あきよし みなこ)は妃英理と似ているという設定ですがこれは秋吉のデザインは妃の初期のものを意図的に流用しているらしいです。その為小五郎は彼女が犯人でないという証拠を集めようとしたもののその行為が彼女が真犯人である事実にたどり着く皮肉な結果となってしまいました。
「アンタがアイツに似てたから…
犯人がアンタじゃなきゃいいと思って、
無実の証拠を集めようとしたからこうなっちまったんだよ…」
原作でコナンが言っていた言葉をモチーフにした台詞でしょうが、『瞳の中の暗殺者』の時に告白の言葉が同じだったりこの2人は実は似た者同士なんだなぁと思います。
***
ちなみに今作で蘭が空手の関東大会で優勝した事が語られ(今までは都大会で優勝という話でした)後に原作でも関東大会に優勝した事が語られます。