名探偵コナン 11人目のストライカー  総監督:山本泰一郎 監督:静野孔文 脚本:古内一成

11人目のストライカー
オマエら、ちゃんとついて来んだぞ!
フィールド震撼!その謎にニッポンが熱くなる!!
あらすじ
コナンや少年探偵団は現役プロサッカー選手が指導を行うサッカー教室に参加した。そこで小五郎は、大学時代の後輩の榊良輔と再会を果たす。現在は少年サッカーチームの監督をしている彼はその昔、重要な試合でオウンゴールを決めてしまい優勝を逃すという苦い経験があった。榊は、小五郎のファンだという少年サッカーチームのスポンサーである本浦圭一郎を紹介される。本浦は病死したばかりのサッカー好きの息子の知史のことで心が癒せずにいた。そのほかにも日売テレビに勤める山森慎三、芸能カメラマンの香田薫、怪我でJリーガーへの道を絶たれた中岡一雅など様々な人物がそのサッカー教室に集まっていた。
それから2週間後の昼下がり、毛利探偵事務所に爆破予告の電話が掛かってきた。小五郎は当初イタズラだと考えるが、その直後に事務所前の路上に停められた車が爆発し、爆破予告は本物だと分かる。犯人は「これから言う暗号を解いて爆弾を見つけないと、次は大勢の死傷者が出る」と脅す。
『青い少年と青いシマウマ、上からの雨、下から人が左の手でそのまま示すのは左の木』『次は米花。ネクスト米花』
2つの暗号を手掛かりに爆弾を見つけるため、蘭と小五郎は目暮警部らと町中を駆け回るが、一向に手掛かりがつかめない。蘭は藁にもすがる思いで新一の携帯へ連絡を取る。
その頃、コナンと少年探偵団は東都スタジアムでJリーグの「東京スピリッツVSガンバ大阪」の試合を観戦していた。前半終了後のハーフタイム、コナンは蘭からの電話で爆破予告のことを知り、暗号解読に乗り出す。タイムリミットが刻々と迫る中、コナンは暗号の解読に成功し、爆弾が今いる東都スタジアムに仕掛けられていることが判明する。爆弾の解除が間に合わず大規模な爆破が起きてしまうが、暗号を解いて事前に観客を避難させていたため、幸い死者を出さずに事なきを得た。
だが、犯人からの挑戦はこれで終わらなかった。小五郎宛てに「次はさらに多くの人が集まる場所に爆弾を仕掛ける」という脅迫状が届く。次はどこに爆弾を仕掛けるつもりなのか。コナン達は推理を巡らせるが、犯人が仕掛けた罠はコナン達の想像を遥かに超えた恐るべき規模のものだった。Jリーグすべてを巻き込む犯人の巨大な陰謀にコナンが挑む。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『名探偵コナン 11人目のストライカー』です。今作ではJリーグとコラボしており、実在のサッカー選手が多く登場しています(なお、演技力とか滑舌とかそういうのは……畑違いの人にそういうのを求めるのも酷な話ですが……)特にサッカーに詳しくない人でも知っているキング・カズこと三浦 知良さんも本人役で登場し、コナンとサッカーの練習をするシーンはサッカー好きなら羨ましいシチュレーションだったのではないでしょうか? 作中のコナンもひどく嬉しそうでしたし。
今作で映画オリジナルキャラとして登場した真田貴大はファンからも人気が高く、その後テレビアニメで本作の後日談のエピソードに登場し原作でもチョイ役で出演しました。