名探偵コナン 沈黙の15分  総監督:山本泰一郎  監督:静野孔文  脚本:古内一成

沈黙の15分

「生き延びるんだ、絶対に…」
「ラスト15分、予測不可能!」
「生きてたら、また会えるぜ」
あらすじ
8年前、新潟県北ノ沢村で、双眼鏡を首から下げた幼い少年が黒い影に追われて必死で逃げていた。無我夢中で逃げていた少年は、足を踏み外して崖から転落、意識を失ってしまう。意識を失った少年を崖の上から確認し、ほくそ笑む黒い影。
そして現在、再選を果たした朝倉優一郎都知事に、何者かから脅迫状が送りつけられた。その翌日、朝倉都知事が開通式に出席した都営地下鉄15号線・東都線のトンネルが爆破される。だが直前に爆弾に気づいたコナンの活躍により、1人の死者を出すこともなく、大惨事は食い止められた。
これは朝倉都知事を恨む者による犯行なのか。鍵を握るのは朝倉都知事が国土交通大臣だった頃に建設したダムだと睨んだコナンは、再び大惨事をもたらしかねない危険な犯人を追うべく、蘭や少年探偵団たちと共にダム建設のため湖に沈められ移設された村「新潟県北ノ沢村」を訪れる。
北ノ沢村では移設5周年を記念したスノーフェスティバルが開催されており、多くの人々で賑わっていた。果たして犯人はこの中にいるのか。調査を開始するコナンは、8年ぶりに集まったという現地出身の幼なじみの5人に出会う。
その翌日、立原冬馬と言う少年が目を覚ます。彼は8年前に崖から転落して頭を打ち、以来今日までずっと意識を失っていた。またその転落事件と同じ日に、村内で死亡ひき逃げ事件が発生していた。冬馬の転落事件とひき逃げ事件との関係や、地下鉄爆破事件との関係の鍵を冬馬が握っている。だが彼は、体は15歳だが精神が崖から落ちた当時の7歳のままであり、さらに崖から落ちた日の記憶を失っていた。
コナンが調査を進める最中、幼馴染5人のうちの1人の遺体が雪原上で発見され、徐々に記憶を取り戻していく冬馬を犯人の凶悪な銃口が狙い、さらには村全体を巻き込む大惨事を巻き起こす事となる。
***
今回紹介するのは『名探偵コナン 沈黙の15分』監督として新たにコナン映画を指揮するのは海外でも活躍するアニメ監督にして演出家の静野孔文さん。静野監督のコナン映画は非常に迫力のあるアクションシーンが魅力です。(反面こだま監督山本監督のコナン映画と比べるとラブコメ成分は低いです。ラブコメ重視の静野コナンとか観てみたいですね)
***
印象的だったキャラクターはある人物によって意識不明の重体になり8年間眠り続けていた立原冬馬(たちはら とうま)です。見た目は15歳なのに中身は7歳のままという……。大事な少年時代の大半を奪われるという残酷な目にあった彼ですが幼馴染の友情や母親の愛で幸せになってほしいものです。