名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)  監督:こだま兼嗣  脚本:古内一成

迷宮の十字路
私たち、やっと逢えたんだね…
工藤新一、古都の謎に挑む!?
あらすじ
東京都・大阪府・京都府で5人の男が弓矢で殺害される事件が起こった。被害者は古美術品を狙う窃盗団「源氏蛍」である事が合同捜査で分かったが犯人は以前分からないままだった。
そんな事件が世間を騒がせる中コナン達は京都を訪れていた。山能寺の僧侶から8年前に盗まれた仏像のありかを示した謎の絵が送られたので毛利小五郎に手紙の解読の依頼をしてきたのだ。
***
こだま監督の最後のコナン映画『名探偵コナン 迷宮の十字路』です。京都の美しい街並みが堪能できこの映画を観て京都が好きになった・京都を旅行したというコナンファンも多いそうです。
本作はコナン(新一)の親友服部平次が主役の作品で平次の初恋にまつわるエピソード・剣道が得意な服部をメインにしただけあって剣術アクションやバイクシーンが存分に描かれています。原画として参加した青山先生の原画も他の作品と比べてかなり多い気がします。
本作のオリジナルキャラクター綾小路 文麿(あやのこうじ ふみまろ)警部はその後も映画『漆黒の追跡者』『絶海の探偵』絶海の探偵のプレストーリーでテレビアニメにも登場しました。優秀だけどシマリスが友達という変わったキャラクターで面白いので原作で京都が舞台の時に登場してほしいですね。
***
本作は工藤新一が回想シーンやキッドの変装ではなく登場した初めての作品(というか今のところ唯一の)で登場の際には負傷していた平次の変装をして登場していたのですがその時蝶ネクタイ型変声機を使って平次の声で話していたのですが、下手くそな関西弁や咄嗟の声が新一役の山口勝平さんのような話し方だったり堀川りょうさんの役者としての力量が発揮されています。