光とともに…  作者:戸部けいこ  掲載誌:フォアミセス

%e5%85%89%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%82%82%e3%81%ab
あらすじ
綿密な取材に基づいて自閉症を描写している。サラリーマン家庭の東(あずま)家に生まれた光(ひかる)が自閉症であることが判明し、それに対する家族の葛藤や日常生活の大変さ、自治体の福祉政策の未整備等による翻弄、保育園から小学校の特別支援学級での生活を経て、中学校の特別支援学級へ進学した光の成長と新たなる問題などが描かれている。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『光とともに…』自閉症を題材にした作品で、漫画でありながら図書館で置かれている所も少なくありません。
自閉症の子を育てる東夫婦の葛藤や困難を描いたストーリー性の高さもそうですが、本作は自閉症の描写や自閉症の子をどう育てるかについて詳しく描かれ、非常に参考になる事も多く語られています。ただし、本作は2001年から2010年の作品なので今とは制度や施設など事情が変わっている所もあるでしょう。
ドラマ化もされて人気の高かった本作ですが2009年に戸部先生が病に倒れ2010年に死去してしまい、未完の作品となってしまいました。ただ、戸部先生の死後未発表のネームがあり、そのネームでは駆け足となってしまってますが物語が〆られています。