ヒロアカスピンオフ予告
7月20日に創刊された新しいジャンプ雑誌『ジャンプGIGA』の予告ページで8月20日に発売する次号から『僕のヒーローアカデミア』のスピンオフ漫画が連載される事が明かされました。
タイトルは『ヴィジランテ 僕のヒーローアカデミアILLEGALS』
脚本は古橋秀之先生・作画は別天荒人先生が担当するそうです。
予告カットの煽りによると主人公たちは非合法ヒーロー。オールマイトの髪型のようなフードが付いたパーカーを着ている少年と大柄で顔がハッキリ描かれていない男性とツインテールにアイパッチを付けた少女がメインのようです。
***
脚本家について
脚本を手掛ける古橋先生はSFを得意とするライトノベル作家で『ある日、爆弾が落ちてきて』は『世にも奇妙な物語』で実写ドラマ化されました。またテレビアニメ『K』でも一部の回の脚本を担当しているそうです。
私はこの人の作品を読んだ事はないのですが、ネットで検索すると作家の中ではかなり評価の高い実力作家らしいです。ただ、古橋先生の作風とヒロアカの熱くて根底にあるダークさや重さのある作風が上手く合わさるかが少し不安。主人公が非合法のヒーローというアウトロータイプなので作風は少しダークよりかもしれません。
***
作画について
作画を担当する別天先生は漫画家歴19年のベテラン作家のようです。イラストレーターとして画集を発売しているので画力に関しては期待できますね。ただ、予告カットのデザインはAmazonで見た他のコミックの表紙の絵とはだいぶ変えたのかなという印象。
***
ヒロアカは緑谷がトップヒーロー・オールマイトの個性を受け継いで最高のヒーローになる物語。言わば正規のヒーローの視点で語られます。対してスピンオフは非合法のヒーロー視点。この視点の違いがヒロアカの世界をグッと広げてくれると思うと楽しみなのですが、反面スピンオフという半公式漫画で公式の作品ヒロアカと矛盾する描写が出た場合、読者の反発は大きいものでしょう。
そうならないためにも堀越先生又は担当編集者に監修して世界観を壊すような展開は避けてほしいです