俺たちのフィールド 作者:村枝賢一  掲載誌:週刊少年サンデー

俺たちのフィールド
あらすじ
プロのサッカー選手を父に持つ・高杉 和也(たかすぎ かずや)は父に憧れて自身もサッカー選手を目指して日々ボールを追いかけていた。大阪から転校してきた騎場 拓馬(きば たくま)を自身が所属するサッカークラブに入れて夢はプロになって父と国立のフィールドに立つこと。
しかし、そんな夢を抱いた矢先、父・高杉 貫一(たかすぎ かんいち)が車に轢かれそうになっている子供を助けた時に自分が車に轢かれて死亡する。ショックを受ける和也は自分の一番好きなものは父親サッカーは二番目と決めて、サッカーを辞める。
それから数年後、高校生になった和也はサッカーへの未練からかランニング・筋トレなどの自主トレは欠かすことは無かったもののサッカーからは遠ざかっていた。一方騎場はサッカーを続けて高校ではエースストライカーとして活躍していたものの攻撃力の低さから国立への夢は遠かった。
ある日和也の家に一本の電話が入る。電話の相手はかつて貫一が助けた少年・末次 浩一郎(すえつぐ こういちろう)だった。貫一に命を助けられた事末次は貫一に強い憧れを抱き、彼の息子の和也に勝負を持ち掛けてきた。末次との勝負でサッカーへの想いの強さに気づいた和也はサッカーを再びプレイする決意をする。
***
今回紹介するのはサッカー漫画『俺たちのフィールド』です。主人公・高橋和也の少年時代・高校サッカー・アルゼンチン留学・プロサッカー・日本代表までのサッカー人生を描いた作品です。ドーハーの悲劇を初めとした現実のサッカーの話とリンクしているのが特徴で当時のサッカー界の事情を垣間見える作品です。