信長協奏曲  作者:石井あゆみ  掲載誌:ゲッサン

信長協奏曲
――信長は、
天下をとる男だぞ。
あらすじ
運動神経は良いが勉強が苦手な高校生・サブローは堀から落ちた事で戦国時代にタイムスリップしてしまう。戦国時代に来たサブローは自分と瓜二つの容姿をした少年に出会う。少年の名は織田信長。彼は聡明だが乱世を生き抜くには病弱な身体なので城を出て養生しようとしていた。信長から織田信長の影武者になるように頼まれたサブロー。歴史を全く知らないサブローは織田信長が史実なら天下をとる直前に死亡したと知らずに織田信長こそが天下をとる人物だと思い込み、周囲に天下をとると豪語する。サブローの飄々とした態度にうつけになったと困惑し嘆く家臣だったがサブローのその堂々とした言葉にいつしか天下人たる器を持った男として彼に従うようになる。
常識外れの政策をするサブローだが、その政策は尾張の国を豊かにし民衆からは支持を受けるようになり、実力ある若者や才能ある者を家臣として迎え入れる事で織田家は徐々にその力を強めていく。
信長として生きるサブローの前に本物の織田信長が再び姿を現す。彼は織田家を出奔した後明智家の養子に入り、明智光秀と名を変え暮らしてきた。そしてサブローが天下を狙っている噂を聞いて明智光秀としてサブローの力になる事を決意してサブローの前に姿を現したのだ。
自由奔放で大胆不敵なサブローと聡明な光秀。2人の信長の協奏曲が始まった。
***
今回紹介するのはタイムスリップした現代の少年が戦国武将・織田信長として生きる『信長協奏曲』の紹介です。
タイムスリップした主人公が戦国時代を生きる作品は決して珍しくはありませんが、本作の面白いところは主人公のサブローが歴史を全く知らず織田信長が本気で天下をとると思っているという事、戦国時代と言う現代とは全く違う価値観・文化に冷静に順応している事にあると思います。織田信長は天下をとると認識しているからサブローの言動は常に自信に満ちたものであり周囲もそんなサブローを見て織田信長は天下を見ている・器が違うと織田信長に敬意を示すようになります。このサブロー視点と周囲の視点のギャップが面白い。
また、本作では合戦の他にも内政の描写にも力を入れていています。サブロー本人は歴史の知識も政治の知識も全くないのにも関わらず、突拍子のない発想と合理的思考で自分が治める国を潤していきます。
***
史実では明智光秀に裏切られて志半ばで倒れた織田信長。本作では明智光秀はサブローに忠節を尽くす決意をしていますが、果たして本作で本能寺の変はどう描かれるのか気になりますね。