信長の忍び  作者・重野なおき 掲載紙・ヤングアニマル

信長の忍び1巻

 

この時、誰が予想したであろう。
尾張の大うつけ(おろか者)と呼ばれる青年が作りあげる歴史を。
そして、彼と共に生きた少女の戦いを。

 

 

今回紹介するのは『Good Morning ティーチャー』など数々の四コマギャグ漫画を世に送り出してきた重野なおき先生の『信長の忍び』です。
この漫画は基本ギャグ漫画なんですが、漫画家にして社会教員免許を持つ先生らしく数々の史実を基にしたネタが描かれていて、漫画を読む内に歴史も学べる漫画ですし、歴史好きにはたまらない漫画だと思います。
主人公は女忍者の千鳥。ドジで天然ででも実は忍びとしては優秀な彼女を視点に物語は語られます。彼女が織田信長と出会い、信長が乱世を終わられるという夢を聞いてから彼に憧れるようになり、里に信長から忍び派遣の要請を受けて念願かなって彼の忍びになり物語は動きます。
私信長様の忍びになります!!
この漫画、絵柄は可愛らしいのですが、戦国の乱世を描いているので意外にも血の描写が多いのですが、それでも殺伐さを感じさせぬギャグでまとめちゃうのはさすがですね。
キャラクターも個性的であまりの天然っぷりに歴史に名を残さないように信長が家臣に命じた帰蝶(これは史実で彼女が信長に嫁いでからの人生がほとんど分からない事から付けられたエピソードだと思います)に無口で威圧的ながらも家族想いで甘党というギャップもある織田信長。千鳥に想いを寄せる忍びの助蔵。
史実に忠実なストーリー展開故こういったキャラクター達の死も描かれますが、そんな死を受け入れながら千鳥は進んでいきます。彼女の活躍を是非その目で確かめてみてください。
ちなみに信長の忍びにはたくさんの派生作品があります。
『戦国雀王のぶながさん』
『信長の忍び外伝 尾張統一記』
『軍師 黒田官兵衛伝』
『真田魂』

派生作品では信長の忍びには出てこない武将が出てきたり、脇役だった武将が主役として登場しています。こちらもどうぞ。