保健室の死神  作者:藍本松  掲載誌:週刊少年ジャンプ

保健室の死神
あらすじ
常伏中学校の養護教諭として新しく赴任してきたハデス先生は、まるでホラー映画から抜け出してきたかのような怖い顔をしている。アシタバはある不可思議な事件に巻き込まれ、ハデス先生に助けられた。彼は「病魔」を消滅させる力を持っていたのだ。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『保健室の死神』です。人間の“怒り”“憎しみ”などの負の感情から生まれる『病魔』それを消滅させる力を持つハデス先生の活躍を描いた作品でホラー・コメディ・シリアスと様々な要素を持つ作品です。
学校の先生が主人公でホラーテイストの作品と言うと『地獄先生ぬ~べ~』を思い出してしまう世代ですが、藍本先生の年齢的に影響受けたんでしょうかね? 女神転生シリーズのファンで結構影響受けてるらしいですが。
本作の登場人物は主人公の強面だけど生徒想いの派出須 逸人(はです いつひと)を初め、地味メンだけど実は切れ者怒らせると怖い明日葉 郁(あしたば いく)・女の子にモテたいけど全然モテないガキ大将美作 蓮太郎(みまさか れんたろう)・クールなイケメンだけどズボラな藤 麓介(ふじ ろくすけ)ハデス先生に恋する格闘技が得意な鏑木 真哉(かぶらぎ まや あだ名はシンヤ)など様々なキャラがイキイキと描かれているのが良いですね。