ワールドトリガー  作者・葦原大介  掲載紙・週刊少年ジャンプ

ワールドトリガー1巻

 

 

おまえ つまんないウソつくね

 

 

近界(ネイバーフッド)という異世界に通じる門(ゲート)が開かれた事で、ネイバーフッドの住人、近界民(ネイバー)からの脅威にさらされる事になった三門市。だが、ネイバーに対抗する組織ボーダーの活躍によって世界は大きな混乱や被害はない。
ゲートが開かれて4年後、ボーダーC級隊員の三雲修の前にネイバーの空閑遊真が現れた事から物語は始まる。
ジャンプでは割と珍しいSFアクション漫画、ワールドトリガーを紹介します。ジャンルも珍しいですが作風もジャンプではあまり見かけないスロースターター漫画です。というのもこの作品は非常にこの漫画独自の用語が多く、世界観やバトル描写も独特なので、1話2話読むだけではワールドトリガーの面白さが分かりにくいと思うのです。しかし、その分設定がよく練り込まれていてバトル描写も頭脳プレイを重視していてるので読み応えがあり、ハマる人はがっつりハマる作品です。また、バトル面で集団戦が多い故に登場人物がかなり多いのも特徴ですね。一人一人のキャラ設定や戦闘スタイルなどが細かく決められていてスピンオフ作品とかで主役級に活躍できるキャラも多いので、その中から自分のお気に入りを見つけるのもワールドトリガーの楽しみの一つじゃないかなと思ってたり(笑)
ワールドトリガーでよく使われる用語

・トリオン
人間が持つ生体エネルギー。ネイバーはこのトリオンを狙って侵攻してくる。RPGで言うところのMP的なもの?

・トリガー
トリオンをエネルギーにして利用する武器。元々はネイバーフッドのテクノロジー。一言で武器と言っても剣に銃に様々な種類がある。またこれを利用すると“トリオン体”を形成して自分の身体はトリガーに収納される。トリオン体が傷ついても身体にはダメージはない。その上身体能力は大幅に上昇する。

・サイドエフェクト
高いトリオン能力を持つ人間が稀に持つ力。嘘を見抜いたり、未来予知ができたりその能力は人それぞれ。

・トリオン兵
ネイバーの武器。生き物のような姿をしている。トリガーが唯一の対抗手段。