ユーリ!!! on ICE

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%aa

***

・ユーリ、友達ができる。
今まで周りから可愛いという扱いを受けることが多かったユーリにとってオタベックのように1人の男として認めてくれる人は貴重でだから2人はすぐに友人になれたのではないでしょうか? 近寄りがたい雰囲気のオタベックですが、いざ話すとかなり良いキャラです。あと何気にピチットの言葉に反応して1人素直に拍手してたところもなんか好き。
・勇利とヴィクトル結婚?
本作は勇利とヴィクトルの恋愛なのか師弟愛なのか曖昧な距離感が多く描かれ(別の言い方をすると同性愛を連想させる)ていましたが、まさか教会で指輪交換までしちゃうとは思いませんでした。驚きましたが、勇利は前回ヴィクトルがいない状況で戦い良い結果を出せなかったのでお守りという形あるものでヴィクトルを感じていたかったのかなと、指輪に関しては違和感ありませんでした。
さすがに今回はBL狙いすぎという意見もあって賛否両論のシーンでしたが、確かに狙っている部分もあると思いますが絆や愛という目に見えないものを表現するためにはオーバーなくらいやらないと視聴者には伝わらないんじゃないかと思ってて、またこのアニメが腐女子を狙っているのは早い段階から分かってたから今更騒ぐ事かな~とも思ったり。私が女性で腐女子だからそんなに拒絶や嫌悪を抱かないだけかもしれませんが。
・勇利の去年のバンケット
実は勇利はヴィクトルに自分からコーチになってくれと頼んでいた事が明らかになりました。序盤でヴィクトルのスキンシップに困惑する勇利をヴィクトルが不思議そうにしていましたが、確かにバンケットで一緒に社交ダンスしたり抱きつかれたりした後にあんな風に距離置かれたらヴィクトルとしては不思議ですよね。
ミケーレが勇利をむっつりスケベ扱いしてた訳にも納得です。今から1話から見返したら初めて見た時とは別の印象が芽生えそうです。