ブラッククローバー  作者:田畠裕基  掲載誌:週刊少年ジャンプ


あらすじ
かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れて魔神を打倒し、世界を救った。後にその魔導士は伝説となり、魔法帝と呼ばれた。
それから時は過ぎ、クローバー王国は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって、平和を謳歌していた。そこに住む貧民の孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔法帝を目指して日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法を使えずにいた。
やがて15歳になり、魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノをはじめとする周囲の者達へ魔導書が与えられるが、アスタだけには与えられなかった。その後、ユノの魔導書を狙う盗賊によって、アスタは自分が生まれながらに魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望して夢を諦めかけるが、ユノの「アスタは俺のライバルだ」という言葉に闘志を再び滾らせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、盗賊を撃退する。
改めて魔法帝を目指すことを決意したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団と言われる「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。2人の魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる(Wikipediaより)
***
今回紹介するのは『ブラッククローバー』です。今どき逆に珍しいくらいカラッとした作風の少年漫画です。
とにかく勢いの良い漫画で、「諦めないのが俺の魔法だ!」という言葉と共に困難に突き進むアスタの姿は爽快ですね。
キャラの描き分け・表情のレパートリーなどちょっと勿体ない部分もありますが画力は高く特にファンタジーの世界の描写は週刊誌ながら非常に描き込まれています。
最近はサブキャラのキャラも立ってきて面白くなってきました。今後の展開に注目です。