ファイアーエムブレムif  開発:インテリジェントシステムズ  販売:任天堂

FEIF
祖国のために剣をとるか。
闇夜を照らす光となるか。

あらすじ
平和を愛する白夜王国、戦いで勢力を拡大させる暗夜王国。相容れぬ2つの国はついに戦争へと発展した。
白夜王国で産まれた主人公は(性別・外見などはプレイヤーが決める)幼少期に暗夜王国の王・ガロンに誘拐されて暗夜王国で育った。
両国が戦争になった時、主人公は選択を迫られる。
産まれた祖国白夜王国に味方するか、暴走する暗夜王国を内側から変えるか。
それとも、どちらにも味方しない道を選ぶか……。
***
今回紹介するのは『ファイアーエムブレムif』シリーズ初、2つのバージョンと後に追加されたインビジブルキングダムの3つのバージョンが発売されるという商法がされました。ボリュームに関しては1本だけ買っても十分に楽しめます。共通の仲間キャラクターはいるものの大半の仲間キャラはバージョンによって異なり、白夜王国は従来になかった忍者・侍など和を前面に押し出した世界観で難易度も初心者向け。一方暗夜王国はシリーズを手ごわいシミュレーションを求めるプレイヤー向けで難易度も高くやり応え十分。
反面、物語の真相はインビジブルキングダムをプレイしないと分からないので、暗夜OR白夜+インビジブルキングダムの2本はプレイした方が良いですね。インビジブルキングダムでは白夜王国・暗夜王国の仲間キャラ両方仲間にする事が出来ます。
買ってない方のバージョンとインビジブルキングダムはDLCで買うことが出来ます。
シナリオを手掛けたのは『金田一少年の事件簿』など数々のヒット作を生み出した原作者・樹林伸先生という事も話題を呼びました。
***
結婚相手になんと……。
前作の『覚醒』の結婚システムが好評だった事もあり、今作でも結婚システムが導入されていますが、なんと暗夜王国ではある男性キャラを、白夜王国ではある女性キャラと同性結婚する事が出来ます。これは海外の声があっての導入なので別にBL好きGL好きの受けを狙ったわけではないのですが、発売前はファンから驚きと動揺の声が上がりました。
ただし、同性婚を行うと子供ユニットが減るデメリットがあるので結婚する時はよく考えてした方が良いですね。
***
初心者から上級者まで楽しめる難易度や新たな新要素を追加してシステム面は好評のif.しかし、物語の真相がDLCで明かされる事など批判もありました。
売上はいいものの、DLC前提の商法は日本ユーザーから嫌われるので今後の商法についてはちょっと心配かも。