ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション
勝って来るぞと 勇ましく
今回紹介するのは任天堂の看板作品でシミュレーションロールプレイングゲームの老舗ゲームシリーズ『ファイアーエムブレム』です。

***
スタートダッシュには失敗したが
ファイアーエムブレムが世に出たのは1990年『暗黒竜と光の剣』でした。しかし、SRPGという馴染みのないジャンルもあってか発売直後はあまり話題にならず売れ行きもよくありませんでした。しかし、シビアなゲームシステムはゲーマーの心を掴み、当時としては珍しかった味方キャラ全員に名前とグラフィック(さすがに容量の都合上グラやセリフは使いまわしが多かったですが)が与えられた事でキャラクターに個性が与えられ結果的に女性ファンがついた事でじわじわと人気が高まり今に続く人気シリーズとなりました。
また、ゲームの面白さと難しさを歌、それもオペラにしたファイアーエムブレムのテーマは一度聴いたら忘れられません。CMにも使われ(というか元々のBGMに歌詞をつけたのがCM版)CMの出演者がFEの世界観を再現した衣装など今では中々見れない豪華なCMです。
『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではラテン語の歌詞(歌詞の内容はゲームの世界観やストーリーをイメージしたもので日本語版とは違っています)がついて歌われています。

これがそのCMソングのフルバージョンです。
***
死者は蘇らない
このゲームシリーズ最大の特徴でファンを魅了しているのは『一度死んだ仲間は原則蘇らない』上記の通り味方キャラには全員違った名前と個性が用意されて更に仲間になるキャラクターには限りがあるので、味方キャラを失い続けるとどんどんクリアが難しくなり、更に何とかクリアしても後日談(FEシリーズには後日談という戦いが終わったキャラクター達のその後が語られます)で死んだキャラは『○○章で倒れる』という寂しいものに……。この為プレイヤーは味方キャラを一人も死なせないプレイングを心掛け味方をうっかり死なせたら同じ章をやり直し、章によっては何度もやり直しながらクリアを目指します。これが手強いシミュレーションと言われる所以であり面白い所です(ただし、スタッフの中にはリセットプレイは邪道という人もいるみたいですが。でもゲームのやり方なんて違法行為じゃなかったら自由にやっていいですよね)
近年ではライトユーザー向けにキャラが復活するカジュアルモードが搭載されていてSRPG未経験者にもやりやすいシステムが用意されています。しかし、従来の手強さを求めるファン向けのシステムもちゃんと用意されて初心者から上級者まで楽しめるシステム作りがされています。
***
任天堂には珍しい商品展開
FEシリーズは任天堂ゲームでも珍しくヘビーユーザーや女性などのファンが多く、年齢層も他のゲームシリーズと比べるとやや高め。その為商品展開も他とは少し違っていて
・コミカライズ
任天堂ゲームのコミカライズはコロコロコミックやボンボンコミックなどの児童誌や小学生・てれびくんなどの学年誌がほとんど。しかし、FEのコミカライズは角川書店やエニックスで発売されていて担当作家は女性が多く、その為ストーリーやキャラ描写に耽美的な面が強くなっています。
一部の作品のコミカライズでは任天堂ゲームのコミカライズとは思えない昼ドラのようなドロドロや濃厚な恋愛描写がある作品もあります。
・ノベライズ
小説版も多く出版されていて、戦争を題材にしたゲームのノベライズというのもあって味方キャラの死亡や負傷シーンなどハードな描写がされている作品も。
・アンソロジー
アンソロジーというのは複数の漫画家がゲームや漫画を独自の視点で書いた漫画を集めて収録したもので恐らく任天堂ゲームの中でも多くのアンソロジーが出版されていました。
ただしアンソロジーはエニックスが出版した著作(例えばエニックス四コマ劇場)など一部を除いて公式の許可を取って出版したものじゃないものもあるので、その所為かギャグやキャラの扱いは漫画家によっては公式とは著しく違い拒否感を示すファンも少なくありません。一応某ジャンルのアンソロジーと違って所謂BL色の強い作品はゲームアンソロジーにはありませんが。
コミカライズやノベライズ、果てには二次創作も盛んなゲームシリーズ。しかしFEシリーズの生みの親加賀昭三プロデューサーが独立後に作ったゲームを巡って任天堂とエンターブレインの間で裁判が起こり、その影響でこうした商品展開は減っていきました(近年では全盛期程ではないですが少しだけコミカライズやアンソロジーが出るようになりました)