ファイアーエムブレム外伝  開発:インテリジェントシステムズ 発売:任天堂

ファイアーエムブレム外伝

***

プレイした感想
ストーリー面はやや薄味ですが、面白いですね。仲間キャラは台詞が少ないながらも全員分用意されていて、顔グラフィックもそれぞれ用意されていてキャラの個性を出そうとしているのが分かります。影の薄いキャラでも攻略の役に立ったりすると愛着がわきます。
プレイして驚いたのはまずは弓兵。FEの弓兵と言えば間接攻撃専門でその範囲は一マス空いた敵に攻撃できるというもの。その為敵に直接攻撃されないように上手く立ち回る必要があるのですが、本作はなんと直接攻撃可かつ範囲が他のとは比べ物にならない程広い。初めて敵の弓兵に攻撃された時は「そこから攻撃できるの!?」とビビりました。攻撃されたのが守備の低いシスターだったので余計に。
シスターと言えば本作のシスターは回復技などを使うしろまほうでは経験値が入らず、くろまほうのリザイアと聖女にクラスチェンジした時に使えるエンジェルを使って経験値が手に入るのですが、このリザイアが命中率が低くてその為シスターを育てるのは中々面倒。とはいえ魔法を使うのにはHPを消費しなければいけないなか(外伝は武器が壊れないからかこういう仕様に)リザイアはHP消費0で使えるというメリットがあります。またシスターはレベルを上げるとワープなどの強力な魔法を覚えるので、頑張って育てています。
本作は敵だけのクラスが多数あり、その中で厄介なのは魔女。魔女はその名の通り魔法を操るユニットなのですが、魔女はなんとマップのどこにでもワープできる魔法を持っています。複数の魔女がワープで一斉に魔防のないユニットを攻撃……という光景も珍しくなく、魔女がワープしてくるとビビります。
***

ちなみに。

本作には隠しコマンドがあり、『さいしょから』を選んだ後にスタートボタンとセレクトボタンを同時に推しながらAボタンを押すと(3DSのVCでやろうとするとちょっと大変)を選ぶとイージーモードでプレイする事ができ、イージーモードでは経験値が2倍+アルム軍セリカ軍のアイテム輸送が自由にできるという仕様になります。デメリットは特にありません。