HUNTER×HUNTER  作者:冨樫義博  掲載誌:週刊少年ジャンプ

ハンターハンター
あらすじ
くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森で巨獣に襲われている所をハンターの青年・カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターという職業に憧れを抱くようになったゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。ゴンは道中、同じくハンターを志すクラピカ、レオリオと行動を共にし、試験開始直後に出会った同い年の少年キルアとも親しくなる。この4人はしだいに信頼関係を築き、協力しながら試験合格を目指す。最終的にゴン、クラピカ、レオリオの3人は試験に合格するが、キルアはとある事情から自ら不合格となる。また、ゴンは試験の最中に出会った殺人狂の奇術師・ヒソカとの因縁を残すこととなった。(ウィキペディアより)
***
今回紹介するのは『HUNTER×HUNTER』です。財宝や遺跡などあらゆる希少なものを探すハンター。ハンターの父親のように自分もハンターになる事を決めたゴンの物語を描いた冒険漫画……ですが、それだけでは終わらない冨樫先生流。
この漫画では前作の『幽遊白書』の時にも描かれていた人間の負の面を描いたダークな部分や少年誌ではあまりにも過激すぎて時折規制が入るグロテスクな描写がされていて、能力バトル面も複雑な設定と心理戦重視のもので少年誌でありながら対象層は高めの作品になっています。
***
本作は非常に休載が多い事で知られていて、本作の一年前に連載が始まった『ONEPIECE』とは単行本数が半分以下という事態になっており、完結が危ぶまれている作品です。
腰に爆弾を抱えている・ストーリー構想に時間がかかる側面もあるそうですが、どうも先生自身にサボり癖がついているのも長期休載の原因の1つでそこに関してはファンからも批判がきています。
好みの別れる作品ではありますが、何年もファンを魅了する作品であるだけに完結まで連載してほしい漫画ですがどうなるんでしょうか……。今から読む人は本作が未完の大作になる覚悟をして読んだ方が良いかも。