ドリフターズ

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ba
あらすじ
豊久たちの前に現れたサン・ジェルミはオルテ帝国へのクーデターの企てを持ちかける。信長は利益と打算で動いている間はサン・ジェルミはむしろ信頼できるとして、計画に協力することを決断しオルテ帝国の首都ヴェルリナへと向かう。 サン・ジェルミの議会操作による無血開城が行われると思いきや、黒王軍・ラスプーチンによる烽火があがり、ドリフターズと黒王軍の直接対決となる首都攻防戦が幕を開ける。(公式サイトより)
***
のっけからサンジェルミのファンシーな馬車が浮きまくってます(笑)この中に豊久達が入っていると考えると少しシュール。
城下町で元兵士が物乞い(?)しているところを見るとサンジェルミの領土は平和そうだったけど国全体としては貧しい国になっているのかも。
サンジェルミは事前に貴族達に手回しをしてクーデターの準備をしていた様子。しかし、この貴族達はどういう条件でサンジェルミの提案を飲んだのでしょう? 信長なら使えるものは使う理念で国の兵士も戦争に使いそうだけど、虐げられたエルフとドワーフがなんていうか……。
しかし、サンジェルミがクーデターを企てたように廃棄物もオルテを支配しようと考えていていました。ラスプーチンの能力は人を操ること。これって漂流者が操られたらどうなるんでしょう? 例えば豊久が操られたら豊久の戦闘能力はラスプーチンが自由に扱える? そうじゃなくても大きな戦力が1人欠ける状況になるのは相当まずいです。
サンジェルミはラスプーチンの登場に慌てますが、豊久は平然とオルテの人間を足蹴り、ラスプーチンはこれで冷静さを失ったのかすぐさま撤退。廃棄物サイドは特殊な能力があってこんなの勝てるかよって思うんですが、その代わり廃棄物サイドには今の所優秀な軍師ポジションがいなくて漂流者サイドと比べると戦下手な印象がありますね。そこを突けば勝てる見込みは有り?
サンジェルミの精鋭部隊は実在したテーバイ神聖隊を元にしているようですね。サンジェルミだからその事を知ったうえで作ったのかも。衆道文化があった日本人漂流者は割とあっけらとしていますが(信長は切れ気味だけど)ドワーフは吐き気を催しているから少なくともドワーフにとって同性愛はタブーまたは珍しいものなのでしょう。
ドワーフの作った鉄砲で廃棄物の軍は一層。しかし、敵は廃棄物、最終回である次回に土方と豊久の戦いが見られそうです。