トクサツガガガ  作者:丹羽庭  掲載誌:週刊ビッグコミックスピリッツ

トクサツガガガ 4
各話あらすじ
30話『イクトゥス』
北代が落としたパスケースを見た吉田は北代が実はアイドルファンである事を見抜く。ジャンルは違えど同じ好きなものに夢中な者同士なのにどうして自分に辛く当たるのか疑問に思う仲村だがチャラ彦の言葉でその理由が判明する。
***
今回でアイドルオタクである事が判明した北代さん(今回はまだファン程度ですが後にかなりディープなオタクである事が分かります)しかし、仲村さんの過去の行動の所為で北代さんは仲村さんをオープンオタクと勘違いした為にあんなに冷たい態度を取っていたみたいです。更にはオープンオタクの友人の所為で職場の人にオタばれした事も仲村さんの事を目障りと言った理由みたいです。
***
31話『「仲間ってなんだろう」の巻』
職場の人にアイドルオタクである事がバレて以降職場の人からネタにされて気まずい思いをしバラした友人とは喧嘩状態になった北代は新しい職場では周囲と距離を取っていた。そんな事を知らない仲村はこれ以上北代の過去に触れないようにその場を逃げるように後にするのだった。
***
北代さんの過去回。隠れオタがオタばれしたらという隠れオタにとっては胸が痛い話じゃないでしょうか? 周囲の無遠慮な言葉に傷つき好きなアイドルに対しても純粋に楽しめない北代さんの心境が切ないです。割とギャグの無い回だけど仲村さんの作ったデバガメ怪人のビジュアルに笑った(笑)言動が変態www
***
32話『光りもの』
北代とは距離を置いているものの北代の事が気になってモヤモヤする仲村。帰りの電車の駅でばったり北代と遭遇した仲村は壁に徹しようとするが北代の方から話しかけてきた。
***
仲村さんと北代さんの雪解け回。最初に登場した時は怖いと思っていたけど友人を傷つけた事に悩んで反省するし、元々は冷たい人じゃないんですよね北代さんは。でも仲村さんへのあの行動から見るに実は結構天然だったりして? 嫌がらせする人には思えないので。
***
33話『大人げない』
兄の嫁とその娘、つまり仲村にとって姪のちさとと一緒にショッピングモールに来た仲村。ちさとの母タカがショッピングモールで遊ぶ間に仲村はちさとの付き添いという名目で特撮ショーを堂々と観る。それが彼女のが目的だ。しかしショーの直前になってちさとはゆるキャラの猫の方を見たいと言い出して……。
***
特撮ショーを観たい仲村さんとねこの方が良いと言う姪っ子のちさと。自分のしたい事の為に相手にそれを押し付けるのは母にされて嫌だった事を身をもって知っている仲村さんはちさとの気持ちを大事にします。しかし、特撮ショーは観たいのでその為に仲村さんが取った行動とは?
新キャラのちさとですがしっかりした良い子ですね。仲村さんが甘やかされるくらいに。
***
34話『深夜特撮「白虎丸」』
家でちさとを預かっている仲村。そんな中ちさとは仲村の所持しているDVDから白虎丸を観たいと言う。しかし白虎丸は大人向けの特撮で吐瀉物血しぶき当たり前の作品。子供には見せられないとちさとの頼みを拒否するがちさとはいじけてしまい……。
***
最近は下ネタとかエロとかグロテスクとかブラックジョークとかそういう要素のある作品は規制されていきますよねぇ。大人になると自分で見る分には良いけど子供に見せたら不味いかなぁって思う作品もあって、でも子ども時代の自分が読んだり見てきた作品も結構その手の内容含んだのあったけど多くの子供は悪影響を受けずに普通に育ってるから過敏じゃないかなぁとも思って子供に見せたくない作品のライン決めって結構難しいです。
仲村兄は深夜特撮でも子供に見せても良いという考えの持ち主で今回は兄の持論が語られましたが〆で仲村の部屋を見ての
望「でないと……こうなるやろ……」
叶「ぐうの音もでませんわ……」
のやり取りは説得力ありました(笑)ネット情報だけど子供の頃にゲームやお菓子とかの教育・健康に悪いものを一切禁止されて育った子が大人になった時歯止めが利かなくなってしまうというのは耳にするので教育に悪い要素も少しは子供の時に触れておくのも大事なのかなぁ? というか躾や教育をアニメやテレビにさせるんじゃなくて親が自分でやれって思います。望の家はそういう躾は自分達でやりそうだしちさとも悪影響受けるタイプじゃないと思うので大丈夫そうです。