デッドプール  監督:ティム・ミラー  脚本:レット・リース ポール・ワーニック  配給:20世紀FOX

デッドプール映画ポスター2
呼んだ?
クソ無責任ヒーローですが、何か。
大いなる力には、大いなる無責任が伴う。
あらすじ
高速道路を走るタクシーに奇妙な男が乗車していた。赤いコスチュームを身に纏い、軽口を叩く男は自らをデッドプールと名乗っていた。何故男がこんな格好をしているのか。それは数年前に遡る。
デッドプール――本名はウェイド・ウィルソンという元傭兵で現在はニューヨークでトラブルシューターをして性質の悪い奴らをぶちのめし自由気ままに暮らす日々を送っていた。そんな時、美しいストリッパー・ヴァネッサと出会い恋に落ちた2人は激しく愛しあい結婚の約束を交わす。幸福の絶頂にいたウェイドだったが、彼の身体は癌に犯され余命いくばくもない状態だった。ヴァネッサと生きる為にウェイドは病を治す為にウェポンXプログラムの被験者に志願する。しかし、プログラムは人工的にミュータント化させ奴隷として売買するのが目的のおぞましいものであり、ウェイドは拷問のような苦しみを受け続けながらもそれに耐え、高い再生能力を持つミュータントになるがその代わりに皮膚が焼けただれた醜い姿になってしまう。
研究所から去ったウェイドはヴァネッサに会おうとするが醜い今の姿では拒絶されると彼女に会う事ができずにいた。ヴァネッサと再会する為に元の姿を取り戻すべく、ウェイドは死の賭け(デッドプール)と名乗り、自分をミュータントにしたフランシス・フリーマンを探し元の姿に戻させる為に戦うのだった。
***
『X-MEN』に登場した掟破りのヒーロー・デッドプールを主役にした『デッドプール』の紹介です。この映画は公開初日に映画館で観ましたが、平日なのに大盛況! 入場者プレゼントの手乗り人形は初日で無くなり映画グッズも瞬く間に完売。映画館で映画を観ると作品の人気度や注目度が肌で感じられるんだと映画外で感動しました。
***