タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜  放送チャンネル:テレビ東京

タイムトラベル少女
あらすじ
中学2年生の早瀬真理は、何事にも一生懸命で元気な女の子。
3年前に失踪した世界的科学者である父・永司からもらった
ペンダント・アーミラリーコンパスをいつも大切にしている。
ある時真理は、親友の水城和花の兄・旬の部屋で、
かつて永司の研究室で見かけた本(『磁石と電気の発明発見物語』)を見つける。
真理は開いたその本からあふれたゆらぎに包まれて、タイムスリップしてしまうのだった。
アーミラリーコンパスが示すタイムスリップの先々で、
真理は様々な科学者たちと出会い、和花や旬と共に行方不明の永司の足跡を追ってゆく。
そこへ、同じく永司の行方を追っていた実業家・御影丞の動きが影を落とす。
現代での永司失踪をめぐるドラマが縦軸に、
過去で真理たちと科学者が繰り広げる発明・発見に関わるドラマが横軸に展開され、
それらが次第にシンクロして行く。(公式サイトより)
***
今回紹介するのは『タイムトラベル少女』です。明るくて元気な普通の女の子早瀬真理が不思議なペンダントで昔にタイムトラベルし、そこで未来で語られる科学者達と出会うお話です。
本作はタイムトラベルというSF要素が強いですが、作中で描かれる科学の知識や実験についてはリアルに描写され、更に奴隷制度や雷が神の怒りとして認識されていたなどといった歴史的側面も丁寧に描かれ教育アニメのような感じがしますね。
登場する科学者は科学を心から愛し科学の為ならいくらでも努力は惜しまない人と描かれていて、そんな彼らに接する内に真理や和花が成長していきます。
科学者とのエピソードと同時進行で真理の父・永司の研究を求める御影の謎めいた部分が興味をそそられます。彼は何故永司の研究を探しているのかそちらの方も気になります。