マリオ&ルイージRPG  開発:アルファドリーム  販売:任天堂

マリオ&ルイージRPG

 

 

あらすじ
ある日、キノコ王国に隣国のマメーリア王国の親善大使がやってきてピーチ姫にプレゼントを渡す。しかし、親善大使というのは真っ赤な偽物でその正体は世界征服を企む魔女ゲラゲモーナとその弟子で発明家のゲラコビッツであった。ゲラゲモーナは『スタービーンズ』というマメーリア王国の国宝を呼び起こす為にピーチ姫の声を盗んでしまった。
キノピオからピーチ姫のピンチの知らせを受けて慌てて駆けつけてみればそこにいたのは泣きじゃくるピーチ姫と困り果てるクッパ。ピーチ姫の美しい声はとんでもない爆弾声に変わってしまい、クッパもこのままでは浚う事ができないのでマリオになんとかしろと好き勝手に宣う。
ピーチ姫の声を取り戻す為にマメーリア王国に向かうマリオ。今回はクッパも協力して飛行船でマメーリア王国まで運んでくれる。いつものように留守番役としてマリオを見送りに来たルイージだがひょんなことからクッパに自分も連れて行ってほしいと勘違いされて強引に旅に連れていかれるのだった。
***
今回紹介するのはマリオとルイージが協力しながら冒険をするという今までありそうでなかったスタイルの『マリオ&ルイージRPG』です。制作は『トマトアドベンチャー』を制作したアルファドリームでトマトアドベンチャーのシステムが多く使われているので、どちらか片方だけプレイして面白いと思ったらもう片方のゲームもプレイしてみてください。
***
多種多様なブラザーアクション
本作は『ペーパーマリオシリーズ』と比べるとアクション重視の作風で中でも『ブラザーアクション』はシンプルながらも多彩な技の数々でプレイするたびに技が増えていくのが特徴です。
操作はマリオがAボタンで操作し、ルイージがBボタンで操作をする事ができてタイミングよくボタンを押してアクションを成功させるとブラザーアクションが決まります。成功したアクションも爽快ですが失敗時にもマリオやルイージが技に応じてリアクションをとってくれるのでわざと失敗するのも有り。
初めは御馴染みのジャンプ技だけですが、ストーリーを進めるうちにハンマー・ハンドなど増えてきてバトルを重ねるうちにマリオ達が新しいアクションを思いついていきます。中には他のシリーズのパロディ(というかネタ?)を披露する事も。
ちなみにブラザーアクションは3段階の設定があり、初心者向けのスロー&ボタン表示から上級者向けの通常速度のボタンなしまで揃っていてアクションが苦手な方でもプレイできる仕様になっています。
***