マリオストーリー  開発:インテリジェントシステムズ  発売:任天堂

マリオストーリー
あらすじ
『星の国』という星達が暮らす国にはスターの杖と呼ばれる願いを叶える力を持った杖があり、それを星の精と呼ばれる強い力を持った7人の星に守られていた。しかし、スターの杖の力を欲しがったクッパによってスターの杖は奪われ、星の精も皆クッパに捕まってしまった。
そんな事になっているとはちっとも知らないマリオ。マリオはピーチ姫からお城のパーティの招待を受けてキノコ城を訪れ、世界中から集まった人と話した後、ピーチ姫と2人でちょっとしたデートを楽しむ……筈だった。ピーチ姫と2人でいるところをクッパと腹心のカメックババが襲撃し、クッパと戦うマリオだったが、スターの杖の力で無敵になったクッパに歯が立たずあっさりやられてしまった。
クッパはピーチ姫を浚う為にキノコ城を天空にまで飛ばし、邪魔なマリオをそこから突き落としてしまった。
星の精の力によって何とか無事だったマリオは、ピーチ姫とお城の人を助ける為に冒険の旅にでるのだった。
***
マリオのRPG第2弾にして『ペーパーマリオシリーズ』の記念すべき1作目。今作ではなんとマリオを初めとしてキャラクターも舞台も全部ペーパークラフトのようなデザインになっているのが特徴です。ロクヨンゲームと言えばスーファミの頃と比べてグラフィックもドットからポリゴンになって立体的なデザインがされていた時代に敢えてペーパーという平面の世界観を作ったっていうのが面白いですね。
***
個性的な仲間達
マリオストーリーでは今まで敵キャラとしてマリオの邪魔をしていたクリボーやノコノコなどがマリオの仲間として供に冒険の旅のサポートをしてくれます(作中の話だとどうも敵キャラの種族、例えばクリボーの中にもクッパの味方をする悪いクリボーとマリオワールドの住民として平和に暮らす良いクリボーがいるみたい)
仲間キャラは物知りなクリボーの男の子・クリオ、体育会系の熱いノコノコ・カメキ、お転婆なボム兵の女の子・ピンキー、のんびり屋のパタパタ・パレッタ、強引だけど気高いお嬢様テレサ・レサレサ、まだ赤ちゃんだけどその電撃はパワフルなケセラン、アカリン、お節介なプクプクのおばさん・おプク、カッコつけのジュゲム・ポコピー。
それぞれ特殊なスキルがあり、仲間達の能力を使ってダンジョンを攻略する謎解き要素もあります。
個人的に好きなのはクリオ。彼のスキルは『ものしり』でバトルの際にはステータスや弱点を教えてくれて、それ以外でも街の人やステージごとにものしりで色々な事を教えてくれて、彼のおかげで意外な話が聞けたりして何気なく街を歩いている村人ポジションのキャラにも個性がある事が分かってこのゲームの世界観がどんどん好きになります。ちなみにものしりで分かりますが、クリオは年上の女性に弱い様子。
***
影ながらマリオをサポート
今作ではマリオの冒険の合間にピーチ姫サイドのストーリーも展開され、その時はピーチ姫を操作する事ができます(これは続編のペーパーマリオでもできます)クッパに囚われたピーチ姫は自室で軟禁状態。マリオやお城の皆が心配だけど1人ではどうにもできず、星に祈ります。するとその祈りを聞いた半人前の星ティンクがやってきて、ティンクと供にマリオの冒険の助けになれる情報やアイテムを探します。
中でも有名なのがケーキ作りのイベント。グルメヘイホーという食べる事が大好きなヘイホーに美味しいケーキを作るイベントですが、なんと材料の中には洗剤が! この洗剤を使うと必ずケーキ作りは失敗になりますが、材料に洗剤を使い、更にはどんな材料を使っても見た目はまともなケーキになるというシュールさからわざと洗剤を入れて作った人も多いんじゃないでしょうか?