スーパーマリオランド  開発・販売:任天堂

スーパーマリオランド
あらすじ
あるところに、ピラプト王国、ミューダ王国、イーストン王国、チャイ王国の4つの国からなるサラサ・ランドという平和な世界がありました。ある日のこと、1日にしてサラサの上空は真っ黒い雲に覆われてしまいました。そして雲の切れ間から突如現れたのが、サラサ・ランド 征服をもくろむ正体不明の宇宙怪人タタンガでした。タタンガは、各王国の住民たちに宇宙催眠をかけ、自分の思うがままにあやつり、サラサを乗っ取ってしまいました。
しかも、サラサのデイジー姫を奪い近々自分のきさきにするとのことです。このことを知ったマリオは、サラサ・ランドに平和を取り戻すため、デイジー姫の捕らえられているとゆうチャイ王国を目ざして旅立ちました。はたしてマリオは、タタンガを倒してみんなを宇宙催眠から解き、無事デイジー姫を救い出すことができるのでしょうか。すべては、マリオとあなたの腕しだい。 ガンバレマリオ、それゆけマリオ!(公式サイトより)
***
ゲームボーイと同時発売したマリオゲーム『スーパーマリオランド』の紹介です。ゲームボーイという媒体だからなのか、敵キャラにはお馴染みのクリボーやノコノコなどは登場せずラスボスはクッパではなくタタンガという新キャラ、浚われるお姫様はピーチ姫ではなくデイジー姫。ステージもキノコ王国ではなくサラサ・ランドを舞台とした今までのシリーズとは少し空気が違った作品です。
本作はまだゲームボーイの技術が発達しておらず、その為今までの演出が使えないのでゲームボーイの容量に合わせた演出の変化があります。
***
変身
本作ではフラワーを取ると『スーパーボールマリオ』に変身します。ファイアマリオとの違いは連射ができない事です。
何でファイアマリオじゃないのかは詳しい理由は分かりませんが、キノコ王国ではないから変身アイテムも違うようにして他国感を出したかったのでしょうか?
無敵BGM
今作ではスターを取った時のBGMがクラシックの『天国と地獄』になっています。初めてスターとった時いきなりクラシックが流れたので驚きました。
ラスボス戦
今作ではマリオでは珍しくラスボス戦がシューティングになっています。普段の戦いとはプレイが大きく異なるので戸惑います。しかも、本作は一定数ゲームオーバーになったら初めからなのでラスボス戦でコンティニューが尽きたらやり直しなのがきつい。(最も本作は容量の関係でステージ数が少ないのでコンティニューに制限があるのはしかたがないかも)