スーパーマリオワールド  開発・販売:任天堂

スーパーマリオワールド
あらすじ
3度にわたりキノコワールドをクッパ軍の魔の手から守ったマリオ兄弟はピーチ姫と一緒にはるか南の不思議な島国「恐竜ランド」のヨースター島へバカンスを楽しむため旅立ったのだが、島に到着するやいなやピーチ姫が姿を消してしまった。必死に探すマリオとルイージだが、見つかったのは島のはずれにあった卵だけ。中からはヨッシーと名乗る奇妙なドラゴンが出てきて、話し始めた。彼の話によると最近この恐竜ランドに亀の姿をしたバケモノが現われ、島のドラゴンに魔法をかけて国を征服してしまったという。さらに助けに向かった仲間のヨッシーまでもが魔法をかけられて卵にされて捕らわれの身となってしまったのである。
ヨッシーの頼みを受け、クッパを倒して囚われたヨッシー仲間たちとピーチ姫を取り戻すべく、マリオたちは謎に満ちた恐竜ランドを舞台に新たな冒険を繰り広げるのであった。(ウィキペディアより)
***
スーパーファミコン初のマリオ作品『スーパーマリオワールド』を紹介します。シリーズでお馴染みのヨッシーが初登場した作品であり、漫画『スーパーマリオくん』はこのゲームのコミカライズから始まった事もあって私としてはかなり印象深い作品ですね。
ジャンプで敵を倒せる基本的なアクションはそのままに、スピンジャンプやヨッシーの飲み込みなどアクションのバリエーションも増え、難易度もゲーム初心者から上級者まで楽しめるバラエティ豊かさを持ちその面白さは現在も色あせません。
一度クリアしたステージには何度も挑戦する事ができ、1UPを稼いで難易度を下げる事ができるのはゲーム下手の私にはありがたかったです。また、ステージに隠されているPスイッチを踏むと隠しブロックが出現し一度クリアしたステージに新たなるコースが出現します。最短ルートでエンディングを見るのも良し、攻略済のステージも隅から隅まで探索して遊びつくすもよし。遊び方色々の作品です。