あらすじ
3回目の日向のサーブ。椿原の攻撃を月島がワンタッチで勢いを弱め、日向がバックアタックで得点を決める(名付けてウシロ・マイナス。命名菅原)
しかし、その後日向がサーブミスをしてサーブ権は椿原に。
試合は1セット終盤に入り、烏野が一歩リード。烏野は月島に代わり木下がピンチサーバーとしてコートに入る。だが、サーブミスをして得点は椿原に。自分にしては上出来と言い聞かせる木下だが、その眼には次は決めるという闘志が宿っていた。
烏野リードでセットポイントに。影山がサーブだったが、影山はサーブをミスしてしまう。
ここで椿原はピンチサーバーとして1年の姫川葵を投入。その表情は山口・木下よりも緊張に満ちていた。
***
ラストのピンチサーバー。初めての公式戦が1セット目とは言え相手チームのセットポイントで自分がミスしたら1セット取られるとか、このタイミングで投入するとか監督鬼か(笑)
今回全体的にサーブミスが多かったけど、現実のバレー(と言っても私高校バレーちょっと見た程度ですが)もサーブミスはよくあるんですよね。緊張や疲れでコントロールがミスるんでしょうか?