あらすじ
リア充イベントが続いてぼっキャパ(ぼっちキャパシティの略)がオーバーしたアンリはしばらく休んでいた。その間バトル展開があった事はさておいて、アンリは自分がいない間にてっしーと左門の仲が進展したと思い込み、危機感を抱く。
魔フー知恵袋に悩みを投稿したアンリはネットのアドバイスで左門達をスキー旅行に連れていくことにした。
左門と距離を縮めたいアンリだがから空回り。アンリは吹雪を起こし左門と強引に二人きりになる。アンリなら吹雪をどうとでもできると言う左門の指摘に対し、足をくじいたと嘘をついて左門もそれを信じる。
アンリの計画では山荘で二人きりという運びだったが、予想外なことに左門はアンリを背負い雪をしのげる場所に連れて行こうとした。だが、左門の虚弱さ故かアンリの悪神の力故か左門は力づきて倒れる。アンリの一声で吹雪は止み2人は宿に着く。
リア充を越えたと自信をつけるアンリだったが女同士で温泉に入ると言う裸の付き合いで再びキャパオーバーになるのだった。
***
スキー旅行回です。アンリはてっしーと左門の仲の進展を危惧していますが、うーん。確かに父親と対面したしトラブル展開もあったけど進展はしてないね(笑)
左門は普段のカスっぷりとは想像できない位アンリには優しいです。でも左門のアンリに対する好きは友達としての好きに振り切って恋愛方面には発展しなさそう。
最後の温泉はまさかのお色気。トンガリ回ではあれだけ抵抗を見せたのに沼駿先生折れたか(笑)