あらすじ
時刻はしばし遡る。活瓶力也を捕らえたリューキュウ達は本拠地の中に入りナイトアイ達と合流しようとするが、薬が効きだし個性がブーストした活瓶が周囲の活力を吸収し捕縛から抜け出す。応戦するヒーロー達だが活力を吸われた事で苦戦する。その時麗日を呼ぶ緑谷の姿が。緑谷が言うには十字路の真下に目的の人物がいると。その言葉に従い、リューキュウが活瓶に食らいついて動きを封じ麗日が浮かす。そしてリューキュウごと活瓶を持ち上げた蛙吹。そしてねじれのはどうで2人をごと地面を攻撃し地面に穴をあけて目的地まで最短ルートでたどり着いた。
それを見届けたトガは変身を解く。地下にいたトガはトゥワイスが作り出したコピーだったのだ。
リューキュウ達の襲来でオーバーホールにわずかな隙が生まれた。緑谷はすぐにエリの方へ駆け寄るがオーバーホールに阻まれたうえ彼はエリを連れて地上へと逃げようとする。
その時、エリは巻き上げられたルミオのマントの欠片を目にする。無意識のうちにそのマントを掴んだエリの脳裏に過去の記憶が蘇る。組長の娘であったエリの母はエリの個性を恐れて彼女を捨てた。突然変異で誕生した彼女の個性についての情報はほとんどない。エリを引き取った組長は個性が似ていると思われるオーバーホールにエリの個性の調査をさせた。その結果、オーバーホールはエリの個性は巻き戻す個性であることを知った。
オーバーホールによって幾度も苦しめられ全てを諦めたエリ。そんなエリを例え死んでも助けようとする存在。彼らの為に自分は救けられなければならない。そんな想いがエリを覚醒させる。
***
エリの個性は個性を壊す事ではなく、巻き戻す個性でしたか。壊理は理を巻き戻して最終的にはそれを消滅させるっていうネーミングだったんですか。ヒロアカは名字や名前に個性が関連しているので壊すことが彼女の個性と思っていました。