あらすじ
英二の学校にまたまた転校してきた。今度の転校生は英二とアンヌと同じくMAPPOの人間で助っ人として学校に派遣されてきた。
名前はミコナミ・ユウ。13という若さながら天才科学者としてMAPPOの研究所のエースとして活動している少女だった。彼女に零一達を見られたら大変な事になると危惧する英二。案の定ユウはあっさりハチ達がナンバーズのシングルであると見抜く。
事情を知ったユウは自分は英二のサポートに来たのだから英二の判断に任せると彼らの存在を組織に告げる事はなかった。ナンバーズの情報はすべて管理していると語るユウはナンバーズの情報を次々と開示。どこから仕入れてきたか分からないがとにかくハチ達の素性が細かく記されていた。だが、どういうわけか零一の情報だけは一切持っておらずユウの好奇心を刺激し、零一に興味を示す。保健室を借りて調べようとユウは零一を引きずって保健室に連れて行こうとする。事情が飲み込めない零一はとりあえずユウに学校を案内する。そこでユウが見たものは憧れの先輩が食堂で大食いをしている姿や師匠の娘であり護衛対象の七倉がゴローを愛でて暴走している姿だった。激しくショックを受けるユウ。しかし、友達として零一達に歓迎されることは嬉しかったようで今後も零一に友達として色々話を聞かせてほしいと言うのだった。
***
新たなキャラミコナミ・ユウ登場。突っ込んじゃいけないけどMAPPOの人間って日本人多いね(笑)
彼女は零一以外のナンバーズの情報を持っていたけど何で零一の情報は持っていなかったんでしょう?