あらすじ
学校の階段で零一と英二が落ちてしまった。零一が先に目覚めるが様子がおかしい。実は零一の身体に英二の心がいる状態で英二は鏡でそれを確かめようとするが、なんと魂だけではなく顔も入れ替わっていた。さすがにこれは周囲にバレると焦る英二だが、アンヌは全く気付かず零一(BODY零一)を連れてナンバーズを倒しに早退してしまった。ハチは英二に今日一日零一として過ごすことを提案するが英二は無理があると狼狽えてハチの腕を掴む。
すると今度はハチと英二の顔と魂が入れ替わってしまった。英二(BODYハチ)はまた入れ替わらないようにバスケの試合を誰にも触れないようにプレイするがツーと接触してしまいツーと入れ替わってしまう。ハチも東と入れ替わった後ナナと入れ替わってしまう。カオスな状態。
美術の授業。英二(BODYナナ)は藤と似顔絵を描き合う。ただ1人ナナの顔が英二になっている事にきづいた藤は動揺するが英二は自分がナナだとごまかす。そうこうしている内にアンヌが零一(BODY英二)を連れて学校に現れる。零一(BODY英二)は自分の身体が人間であることを忘れて素手でナンバーズに挑んだためにボロボロ。心配したクラスメイトが次々と零一(BODY英二)に触れたりなんやかんやあったりで英二は元に戻ったがクラスメイトがみんな入れ替わってしまう。
現実に耐えかねて英二は教室を飛び出してしまう。途中で七倉とすれ違うが、英二はゴローとぶつかってしまう。ゴローの身体に入ってしまった英二はその日ペット小屋に入れられ、翌日には元に戻ったがしばらくペット小屋の近くを通ると怯えていたとか。
***
魂を入れ替える話は以前ありましたが、顔も一緒に入れ替わり更に触れただけでも入れ替えるのでカオスなことに。あらすじ書くのもカオスすぎて大変でした。
皆英二達の異変に気づいていない中、ただ1人この状況のおかしさに気づく藤さん。彼女の心境やいかに。