あらすじ
今までの未完成品は個性が消せても1日2日で自然回復してしまう粗悪品だった。だが、研究を重ねてオーバーホールは完全に個性を消す弾丸を作る事に成功した。
5発しかない1発を音本は撃つ。狙うはミリオ。しかし、ミリオにはすでに弾丸の存在は気づかれた。ならばエリに狙いを定めて撃てばいい。そうすればミリオは必ず彼女を守る事を優先するはずだから。そして、音本の狙い通りミリオは考えるよりも前に彼女を銃弾から庇った。個性を消す弾丸がミリオの身体に撃ち込まれる。
幼い頃、溺れていたのをヒーローに助けられて以来ずっとヒーローになることを夢見て努力してきた。雄英に入りナイトアイに認められナイトアイの許でより一層個性を磨きついには雄英ビッグ3と呼ばれるまでの成長を見せたミリオ。
その努力が、夢が、一発の銃弾によって奪われた。
ミリオの行為を精神の疾患と切り捨てるオーバーホール。しかし、ミリオは個性を失ってもなおオーバーホールと渡り合う。
これまでの全て
なにも無駄にはなってない
俺は依然ルミリオンだ!!
1対2でエリを守り抜くミリオ。しかし、限界は近づいていた。オーバーホールの攻撃が繰り出されようとした瞬間、そこに現れたのは緑谷だった。
***
正直最初ミリオが登場した時は、こんなデフォルメされた顔でシリアス展開とかできるのかなと不安でしたが、ミリオらしさを失うことなくいい具合にカッコよく描かれています。改めて堀越先生の画力のすごさを感じます。
***
ミリオは個性を失ってしまいましたが、今後どうなるんでしょうか?
オーバーホールが持っている血清が個性破壊の銃弾の特効薬だったらミリオの個性が戻るチャンスはあると思うんですけど、そうじゃない場合ミリオは無個性になってしまいます。無個性がヒーローになるのは無理と言われている世界観でミリオはヒーローになる道を絶たれてしまいます。それが理由でミリオが物語から退場するのは結構きついです。なんとか個性が戻ってほしい。